2020/09/22

2020.9.22 雁戸山

連休最終日.すっかり出遅れて8:30仙台発.
月山に行く気で出かけたものの遠さに負けて,笹谷ICで降りて,笹谷峠へ.県境ゲートでは誘導員が出て,Uターンの案内をしていた.手前の駐車帯に停めて9:50出発.
20200922_095656
(予想以上に東風が入りヤマセ,雲行きが怪しくなってきた)
有耶無耶の関跡から宮城側の登山道に入る.
20200922_102547
(下部は藪状態)
20200922_105313
沢状の登山道を登る.前に来た時より荒れているような.
11:40 カケスガ峯着.昼食に.
20200922_120146
ここだけガスがなくて山形市内が望めた.
20200922_120113
12:00発.
20200922_120627
まだ時間も早いので初の雁戸山を目指す.トラバース路は
ブナの根曲がりでとにかく歩きづらい.
20200922_123048
何とか抜けて蟻の戸渡りに.
20200922_123951
痩せ尾根に岩登りがあったり..
20200922_124518
ところどころスリリング.ガスの中に,雁戸らしい山が顔を出す.思ったより距離がありそう.
20200922_125730
頂上付近はロープが張られていて助けられる.
20200922_131026
13:15 雁戸山に到着.
20200922_132027
(山頂.Mt.Gando, Mt.Gantoどっちも許容した看板)
20200922_132840
(ガスの合間,北に三宝荒神が見える)
13:30までガス明けを待つか明けそうもないので下り始める.
岩場を慎重に下り,痩せ尾根を戻る.
しばらく下って振り返るとガスが明けて山頂が顔を出す.
20200922_135547

先はまだ長いが,尾根筋は気持ちよい.
20200922_135635

20200922_140519
無事,新山への分岐に到着.あとは,ところどころでスリップしたり落ちたりしつつ,歩きづらい登山道を下る.
20200922_150259
これでもかと続くカケスガ峯の山形側のどろどろの下り.
20200922_160017
変化のない道に飽きて下るのも嫌になってきた頃,
ようやく笹谷峠に到着.16:20.
20200922_162345
満車だったクルマもほとんど誰もいなくなっていた.
17:40 仙台着.本日終了.
※久々に登山らしい登山をした1日でした.

| | コメント (0)

2020/09/21

2020.9.21 泉ヶ岳

悩ましい天気に行先に悩み,後白髪から船形山はどうかなと
定義方面に向かう.しかし定義林道入口に着いてみれば,
ゲートは閉鎖,その上,登山道立ち入り禁止の貼り紙まで…
いつの間にこんななったかな..と諦めて,
山形側に回ろうと思ったものの,時間ロスが大きすぎるという
ことで結局,泉ヶ岳に向かう.
七北田ダム下の道..クルマが近づいても,たじろがない猫.
20200921_095224
ゆうゆうと余裕をかます.
20200921_095241
そんなこんなで大駐車場10:10着.準備をして10:35発.
スキー場から青年の家跡地を抜けて車道に出て歩く.
11:00 マイナーコースの表コースに入る.
20200921_110222
(表コース入口)
20200921_112157
(キノコの季節)
20200921_113643
(胎内くぐり..迂回した)
20200921_125355
泉ヶ岳頂上を抜けて,見晴らしポイントで昼食に13:00.
20200921_134257
(船形山を望む,紅葉の始まった尾根線)
20200921_140350
(いつも裏山はまだ藪の中)
20200921_141258
(三叉路)
下りは順調に降りて水神に降りる.
20200921_145704
水神コースのガレ気味の路面もすっかり歩きやすくなり,
順調に降りる.
20200921_150728
16:00 大駐車場に戻る.本日終了.

| | コメント (0)

2020.9.20 月山森

鳥海山に登る気で3:30仙台発.
途中,小雨が降ったりで先行き不安.
20200920_064106
大台野から見る鳥海山も雲の中.7:05車道終点P発.
20200920_072447
スキーが無いので身軽.
20200920_074642
八丁坂も余裕で登れて8:20河原宿着.
20200920_082425
(人が多い)
20200920_082818
(リンドウ)
ガスも晴れないので頂上はやめて月山森散歩モードに.
20200920_084821
こちらは人もほとんどいなくてのどか.
とりあえず月山森に登る.
20200920_090955
月山森に登った後,千畳ヶ原を覗きに行く.
20200920_094324
(運よくガスが切れた..)
幸治郎沢を降りるか迷うが,雨っぽいのでやめる.
20200920_095918
戻る途中の草原の木道上で早めの昼食にする.
20200920_102030
あとは下り.いつもはスキーを担いで苦しむ下りも
登山靴なのでまだ楽.それでも下りはつらい..
20200920_111355
(八丁坂に目印が付きました.)
20200920_113411
滝の小屋下は苔で滑る石畳道に苦労しつつ12:30車道終点P着.
下ってきたら山頂まで一瞬見えた.北面が吉だったかも.
たわわでソフトクリームを食べたり,
20200920_132210
風車市場で枝豆を仕入れたりしつつ,仙台着16:30.

| | コメント (0)

2020.9.19 白鷹

鮎を買いに簗場を目指す.
20200919_152006
20200919_151656
20200919_151642
今日は結構かかっている模様.
20200919_151733
20200919_152204
とりあえず1本.例年であれば鮎祭りで大混雑だが,
今年は祭りもなく閑散としていた.
そして天然鮎を余裕のまとめ買い.
20200919_153129
そして自宅に帰ってもう1本.
20200919_182429
本日終了.

| | コメント (0)

2020/09/13

2020.9.12 石跳沢

仙台はヤマセで低温+雨だが日本海側はまだ雨の範囲外.
そんなわけで峠を越えて月山方面へ.9:50姥沢着.
20200912_101602
姥沢に着いた頃はまだ雨も降っておらず時々姥が岳の山頂付近もときどき見える状況だったが,東風がかなり強く悩ましい天気.準備をして歩き始めた途端,カッパの必要なくらいの雨になり,料金所を前に引き返す.天気はこれ以上,良くなりそうもないので,ネイチャーセンターまで戻り,石跳沢に切り替える.10:35発.10年ぶりくらいの石跳沢は,この間にインターハイもあったりで整備が進み,木道と石畳がほとんどに.
20200912_104512
雨っぽい天気に下りのスリップが不安になりつつ,登りでも滑ったりしながらのこのこ登る.
20200912_114859
石跳エリアも飛び石も慎重に登り,
20200912_122708
装束場着.12:35.
20200912_123758
(装束場)
20200912_124045
(湯殿山北面)
20200912_124023
(湯殿山神社がうっすらと)
風も強いのでそのまま止まず折り返す.
20200912_125645
湯殿山下1150m付近の休憩エリアで遅い昼食に.
20200912_134719
その後はところどころで予想通り滑って転んだりしながら,
スキーならあっという間なのに..と思いつつ,
15:00 ネイチャーセンターに戻る.本日終了.

| | コメント (0)

2020.9.6 由良

なかなか天候に恵まれずにあっという間に9月に.
今季2回目の海は今季最終の様相.8:40仙台発.
仙台は曇天で涼しい朝だったが,
日本海側は相変わらずの猛暑.
20200906_114313
(ヤギもぐったり)
20200906_111837
大松庵で蕎麦の後,由良界隈へ.
高温で波も小さく海の状況は良好.
P9060472
水中の透明度も高く,心地よい.
P9060494
今季最後の海を惜しみつつ,陸に上がる.
20200906_132332
今日は鳥海山もくっきり見える.
今日も枝豆や酒の肴を仕入れた後,
フル高速で17:15仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2020.8.22 油戸

夏休みも取れないまま,お盆も過ぎて,やっとで日本海へ.
9:00仙台発.久々のいろはで,かつ中華の後,
20200822_114729
波もやや高めで結局,油戸へ.
P8220385
気温は30℃を切るくらいだが,海水温は高め.
水の中も心地よく,魚ととともにゆらゆらとゆられる.
P8220392
P8220423
P8220440
P8220456
久々の水中を楽しむ.適当なところで海から上がり,
あとは枝豆を仕入れたり,庄内物産館で岩ガキを食べたりしつつ,18:00 仙台に戻る.本日終了.

| | コメント (0)

2020/07/25

2020.7.24 柴灯森

今週から海へシフトと思ったものの,
日本海の海水温が天候不順で23℃から上がらず,波も高め.
スキーは未練がましく積みっぱなしという状況で,
天候状況からみて山に切り替える.
8:30 仙台発.寒河江から高速に乗るが..月山ICの出口で
渋滞になる.世間は4連休と実感..(おいらは3連休が限界)
20200724_112846
志津で係員に停められ姥沢P満車,渋滞2kmを告げられ,
諦めモードに入るが,とりあえず登ってみる.次にP1km手前で再び係員に停められ,リゾートインに停められそう..と言われラッキー.11:10リゾートインP発.今日はリフトで登る.
20200724_113444
金姥下の道,雪はすっかり消えていてお花畑状態.
20200724_114614
20200724_115404
20200724_115812
柴灯森下ではそり遊びに..
20200724_120510
牛首の登りは..
20200724_121524
密..例年に比べて雪はかなり少なく,四谷川沿いの雪渓も
レーサーに占拠されていて,滑れるスペースがない.
20200724_121700
牛首に登り,コブとポールを楽しむモグラ―・ボーダーのエリアを転倒しながら抜けて,柴灯森方面へ.
20200724_123441
何とか滑るところを見つけて,短い斜面を数本滑り,昼食に.
20200724_131409
昼食後も短い緩斜面をちまちまと楽しむ.
20200724_143813
15:00.ガスが増えてきたので退散.
20200724_152810
(登山道から金姥を見上げる)
下りもリフトで16:10 Pに戻る.連休の混雑を避けて
フル高速で仙台着18:05.本日終了.
残りは0回です(何とか使い果たした).
先週で終わったつもりの今シーズンだが,これにて終了.

| | コメント (0)

2020/07/19

2020.7.18 心字雪渓

久々に天気がよさそうな土曜日.
ここにきて冬の少雪がきいて月山(牛首)はもうほとんど
雪がなさそうで鳥海山の一択.3:30仙台発.
20200718_053158
(新庄からの鳥海山)
7:10 車道終点P発.
滝の小屋裏の雪渓もかなり溶けていてもう終盤の模様.
20200718_074400
(滝の小屋上の雪渓で滑る人)
八丁坂の長い登り..
20200718_075307
下は雲海.
20200718_081407
久々の河原宿.
20200718_083203
雪渓に乗った後も急斜面は板をぶら下げてノコノコと登り,
20200718_085645
(今日も抜かれた..)
小雪渓の上端まで登る.
20200718_102618
上端だけちょっとだけ滑って小休止(あとからネットを見ると熊が出ていたらしい.全く気づかず)
20200718_102626 a
見た目は良いが,端部も含めて硬め.
※Glaxy S20のズームを試す.光学での望遠を諦めて,
 広角レンズで望遠というのも結構優れものかも. 
20200718_104326 b
20200718_104330
整地しつつ滑る秋田のテレマーカ―(いつもはBCクロカン). 
小休止後,小雪渓を滑り降り,大雪渓に.
20200718_111649
(大雪渓上端から,こちらも写真上の見た目はフラット)
上部は氷の混じる斜面を緩斜面を選び,下部の急斜面は慎重に滑り切り,雪渓下端に到着.
20200718_113544
板を洗って昼食に.
ここからの下りが長い.
クロカン靴のソールは硬くて石の多い下りは歩きづらい.
※ビブラムソールの3ピン靴の方が柔らかくて下りは楽.
下りで思わぬ苦労して,その上,暑さでヘロヘロに.

image
※あとで記録を見ると八丁坂から高温が続き,
最高34℃になっていた.

何とか無事に下り降りて14:00車道終点着.
17:30仙台着.本日終了.そして今シーズンも無事終了.
少雪でどうなるかと思ったが,終わりは例年並みですね.
コロナ騒ぎで一番良い時期に鳥海山を滑れなかったのが残念.

| | コメント (0)

2020/07/04

2020.7.3 牛首

久々に平日休が取れた..(年間5日も取れる??)
そんなわけで近場の月山へ.
20200703_094031
フル高速で姥沢Pに着いたものの,
結局,メール処理に追われて10:30 P発.
久々に四谷沢沿いの登山道を歩く.
20200703_105819急な雪渓も何とか越えられて,汗だくになりつつ登り,
ようやく鉢底に到着.
(今日は木道もほとんど乾いてほとんど滑らずに登れた)
20200703_114436
しばらく登山道を歩き,柴灯森の分岐でようやく雪渓に乗る.
20200703_122116 先週ほどではないが,まあほどほどにフラット.
20200703_124423 

雪が切れた裸地をスキーで歩いて抜けて,牛首下へ.
20200703_132205
四谷川源頭は既に雪切れ..とりあえず昼食の後,上に登る.
20200703_141007
柴灯森まで気持ちよさそうなので歩く.
20200703_141804
再び切り返して,四谷川を下る.
20200703_142925
下部はそれなりに良好で今日もターンができたのでよし!
その後,柴灯森の尾根がよさげに見えたので,
20200703_145507
とりあえず登ってみる.思ったほどフラットではなかったが,
雪は柔らかくて気持ちよかった.
あとは登山道沿いに雪渓端まで下る.
20200703_150227
(板洗い)
あとは板をぶら下げ,木道でのスリップ転倒を恐れ,
慎重に下る.
20200703_155007
(恐怖の雪渓は帰りにはスコップと切り崩した後があった.
行きの雪渓越えで落としたタオルも回収)
登山道沿いはほとんど筍も取られていて, 収穫はなし.
16:15姥沢P着.
東根でさくらんぼを仕入れて仙台に戻る18:30.
残りは2回です(変わらず).本日終了.

| | コメント (0)

«2020.6.28 牛首