« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/26

2006.3.26 山形蔵王

回数券も大量に残っているので久々の山形蔵王へ.

同行者ありの遅出.蕎麦屋経由で大森着12:00過ぎ.
大森から黒姫,フニテルと乗り継ぎ山頂駅へ.
とりあえずシールをつけて地蔵岳山頂へ向かう.
頂上付近は寒冷前線接近のため,南風が強く,
立っていられない位.しかし雲は高く,視界はきわめて良好.

zao060326
稜線下でシールを外し,北面を1本.
上はガバガバ,下の方はやや気持ち良い.
今日は天候も読めないので,
そのまま登り気味に山頂駅に戻る.

その後,ユートピア,横倉の壁,大森の壁を流して
回数券も使い切り,本日終了.14:45


keywords:テレマークスキー,山スキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/25

2006.3.25 船形山

天候最高,朝の葛藤.
 湯殿山 VS 船形山
= 遠い VS 近い
= 急斜面 VS だらだら
= スノーモービル VS 大砲

悩んでいるうちに時間は過ぎて,結局,近場の勝ち.

内水面9:00発,三光宮11:10
升沢小屋12:10 船形山山頂13:10

とにかく相変わらずアプローチが長い.
ほとんどTシャツ1枚で登る.
三光宮からは初のルート.(2年前は蛇が岳で)
特に升沢小屋まではアップダウンが多く,
帰りを考えると鬱.
funagataA
(目障りなリボンの図;会の名前まで入っている.
 広告じゃないんだし..おかげで写真も撮れず)


頂上で昼食後,下りを開始,
funagata
(船形山を振り返るの図,山形側は険しい)

風もほとんど無いので蛇が岳までの稜線を下り(登りも),
気持ちよさそうに見える蛇が岳東面をめざす.
しかし,実際は....モナカ..
曲がれず.曲がらず.転倒..
気持ちよかったのは1ターンくらい.
三光宮の下,標高1000mを切ったあたりからは,
雪もやわらかく,気持ち良く下るが,
それもつかの間.下部はグザグザ.
15:45 内水面に戻る.


keywords:テレマークスキー,山スキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

2006.3.21 ポケット谷(その2)

昨日に引き続き市内は暴風.
この3日間,嵐が続く.異常だ..
さて,アルコール残存の影響もあり,相変わらず遅出.
12:50過ぎ,泉谷スキー場発.今日もポケット谷へ向かう.

昨日の新雪はもう既に腐り気味.
ポケット谷から1026m峰に向かわず,そのまま稜線をつたって,
北の北東面に取り付く.ここは行けるかなあと思ったけれど,
結局登れず,1170mで撤退.
kita060321
下りはクラスト,湿雪で曲がれず.
いつもの1026m峰の南面に入ると,
雪も柔らかくなり,ようやく気持ちよく滑れるようなる.
それも束の間,あっという間に谷底に下る.
結局,今日はこのまま終了.スキー場着15:30.eywords:テレマークスキー,山スキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

2006.3.20 ポケット谷

4時半起き.6時前泉谷スキー場着.
izu060320
あまりの暴風に見合わせ.
日も上がり,明るくなると多少天候も落ち着く気配.
P3に車を止めて出発.
izu060320a
目的地は1026m峰の南面,ポケット谷.
外界の暴風は何のその,周りを尾根に囲まれた
このエリアは完全な弱風地帯となっている.
谷の入り口はふかふかだったが,斜面に入ると,
風が弱いとは言っても,かなり飛んでいる.
とりあえず稜線下まで登る.標高1000m位.
ここから比較的新雪の残った谷沿いに降りる.
いまひとつ滑りがよくないものの(砂混じりかも),
izu060320b
まあほどほどに楽しみつつ,7:45スキー場に戻る.
その後,何食わぬ顔して職場に向かうのであった.


keywords:テレマークスキー,山スキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/18

テレブルドッグ

春板SuperStinxの出動とともに,
備蓄品のテレブルドッグTeleBulldog ($185) を試す.

telebulldog1

取り付けの段階で既に問題発生.
K2 Insert対応のつもりが,
ヒールプレートの穴はK2の穴に合わない

そんなわけでVoileのヒールプレートをそのまま流用することに.
高さも同じだからまあいいか.
さらに..
手持ちのスキーアイゼン(CrazyTelemarkCrampon)が使えない.

bulldog1   

さて実際の使用感は..
(1)軽い!
(2)ステップインで楽!
(3)結構がっちり固定され,3ピンのわりに滑りやすい.
    その分,登りはやや負担が大きい(Voile 3pinに比べ)
(4)登高時,ブレーキがテールにひっかかる時がある.
 (慣れの問題だと思う)
ケーブルとリリースが無く,やや不安もあるが,
Voileの柔ケーブルが来るまで,しばらく使ってみることにする.


keywords:テレマークスキー,山スキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.3.18 ・・(その6)

今日もすっかり遅出.11:00仙台発.渋滞にはまる.
朝のうちの快晴も既に曇天になった頃,白石着13:00.

TS320126
ゲレンデはところどころ土が出始めているが,
回数券も余っているので,リフトで2本くらい遊んだ後,
13:30 山に入る.たくさん人が降りてくる.20~30人は
入っていたのではないだろうか?斜面は既に荒れ放題.
fb0318
上部はクラストしてガリガリ.登るのにやや苦労する.
それでも15:00 三角面頂上1630mに.さすがに誰もいない.
下りは最初3ターンだけ柔らかめ.
その後,中腹までガリガリ,ガバガバ.
中腹以降は雪もゆるく,それなりに楽しみつつ,
スキー場に下る 15:40.


keywords:テレマークスキー,山スキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/14

2006.3.13 流浪

昨日の代休で若者たちとスキーへ.
5:30起き.7:00仙台発.当初の行き先は夏油.
しかし流浪の末,着いたところは
山向こうの秋田県,ジュネス栗駒13:40.

TS320123

14:00から滑り始めるが,わずか1.5時間で強制クローズ.
(久々の新雪で良かったということで.)
その後,鬼首ルートで温泉,飯を経由して仙台着23:00.
結局,自宅に戻ったのは23:20.とても長い1日だったような.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/03/11

2006.3.11 裏から北へ

昨日も東京から終電だったので起きれず.
結局,またまた近場の泉谷界隈へ.
今日は裏の泉谷スキー場から北へ.
リフト上(910m) 11:50発.

ルートの下見を兼ねて直登ルート.しかし急過ぎ.
g
45度以上の谷越えではガクガクブルブルで.
ようやく尾根まで達して一段落.13:00頃昼食.
昼食後,13:50 北の頂上1253mへ.

さて下り.南面のブナ林の緩斜面を滑った後,
登ってきた急斜面へ突入.
しかし,雪も重い湿雪になってたりで,
あまり楽しくないまま台地(950m)に下る.
このざらめ日和に,これじゃあ..というわけで,
いつもの1026m峰を目指す.20分ほどで山頂着.

kita0311
南面なので,ザラメが最高の状況で.
深めのテレマークもさくさくで,あっという間に谷に下りる.
もうそろそろ雪解けで谷筋もつらくなってきているような..
林道経由で泉谷スキー場に戻る.15:40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/10

2006.3.9 東京タワー

Tower
いつの間にか高層建築が増殖.新宿が霞む..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/05

2006.3.5 表から裏へ

今日も早起きするつもりが,だらだらと遅出になる.
結局,家を出たのは10時過ぎ.表のPに着いたのは11時頃.
既に3月,Pは無料.上部の急斜面はかなり草が出てきている.
とりあえず遅出時間分を取り戻すべくリフトに乗る.11:30
ここからアプローチはやや長め.でも南向きで明るくて気持ちよい.
(ここのところ裏ばかりだったので)
kita0305
尾根上に出たところでゆっくりと昼食に入る12:45.
昼食後,三叉路経由で北の山頂(1253m)を目指す.
ブナ林を堪能しながら14:15山頂着.

いろいろ斜面の様子を見るものの,雪質のわからない
40度の谷に一人で入る勇気がなくて,尾根沿いに下る.
雪はかなり腐り,最中.
一瞬,北向き斜面でパウダーになるが,すぐにクラスト.転倒.
izme0305
下部はだらだらそのまま裏(泉谷)のスキー場に出る.15:00.

久々のスキー場は怖い.後ろに注意しながら,恐々下って,
あとは時間つぶし.15:45のバスで表に戻る(250円).


keywords:テレマークスキー,山スキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/04

2006.3.4 1026m峰(その3)

昨日の飲み過ぎで起きれず.
結局,また近場の泉谷あたりに向かう.
市内でラーメンを食べて,Pについたのは13時過ぎ.
そそくさと準備をして,だらだらと登る.
二日酔いの影響でテンポも上がらずで.
尾根線はカリカリの上に少しの新雪が乗っただけで,
グリップせずで苦労する.
もうそろそろアイゼン持ってきた方が良さそう.
14時50分 1026m峰着.ミカンを食べる.
izumi0304
下りはクラストで慎重に下る.
林道ハーフパイプで思わぬ転倒,起きれず.
15時30分頃 Pに戻る.


keywords:テレマークスキー,山スキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »