« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/24

2007.6.24 月山・柴灯森

出勤時刻に3分遅刻し,寒河江ETCまで2100円.
結局,姥沢P 11:10過ぎ.
久々の月山はこんな感じで.Tバーは混雑.
Cimg0378
そんなTバーを横目に今日もシールで金姥を目指す.
金姥山頂でのんびり昼食後,金姥の尾根から柴灯森下へ.
Cimg0400
そこから柴灯森に登ってもう一本.
スプーンカットながらも暑さで雪も柔らかめで良.
シールもつけず登り気味にトラバースしてリフト上に戻る.
大斜面は何とかつながっているが,最後は藪.
Cimg0415
そのまま下って,姥沢Pに戻る.残りは3です.
Cimg0421
  (見慣れないアングルから姥ヶ岳)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/23

2007.6.23 鳥海山(ラスト?最終回その2)

Cimg0345

それほど雪解けも進んでいないようなので,
懲りずに鳥海山を目指す.
6:15仙台発.10:10祓川発.
賽の河原手前まで登山道.その後,板を履く.
七つ釜の尾根を越えるときに再び板を脱ぐ.
ついでに昼食を取る.

舎利坂下に来ると,かなり強風に..
途中,突風に倒され,転倒,10m位落とされる.
外輪山着14時頃.
Cimg0358
休憩後,舎利坂を気持ち良く下って,
あとは徐々にひどくなるスプーンカットを滑る.
賽の河原下は,一度,藪こぎをして,
裸のスキーヤーの雪渓に出て,藪をこいで,
登山道に戻る.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/19

がらくた日誌番外編(ATC2K;鳥海山の巻)

この週末,新兵器を試す.
Cimg0278
OregonScientific社ATC-2000 (ATC2K).
単3電池2本,SDカード,液晶無しの3m防水
フォーマットはMotionJPEG.
ヘルメットカメラの謳い文句だが,
Voileのシリンダーにハンドル用のホルダーがぴったり..
そんなわけでスキーの気持ちがわかるビデオを撮ってみた.
(音はうるさいのでカット)

頂上からの下りの核心部分で電源入れ忘れ..
が,いずれにしろ下りは
あっという間にレンズに雪が貼りつき,
あんまり使いものになりませんでした.

よいところ.
・ストックの先で操作可能.
・防水のため洗濯もOK.
・安い(買値は$99).
・米国ものにしては作りがしっかりしている.
・テレビにも直接映せる.
問題点.
・何が撮れてるかは開けてみてのお楽しみ.
・マイクは地上では使い物にならない.
・電池の寿命(1時間位のような?)
・mpeg4が欲しい.

マニアにとっては,物欲がそそられる一品ではないかと思われる.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/17

2007.6.17 鳥海山(ラスト?最終回)

結局,二日連続の鳥海で..
6:50 仙台発 10:00 祓川P着.10:15発.
Cimg0322
今日は湿原を抜けてすぐに板を履く.
(登山道~藪で板を外したのみ)
雪渓に出て気合を入れて登ろうとするも,
暑さに参る.七ツ釜の上で長い昼食休憩に突入.
休憩明けは調子よく1900m位まで登るが,
昼食パワーもここまで.
あとは休みつつ惰性で登って,14:30過ぎ山頂に.
休憩後,百宅側の尾根筋を気持ち良く降りて,
あとはボコボコの祓川コースを下って,仙台着19:10.
今シーズンの鳥海山はこれにて終了(?).

Cimg0314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

2007.6.16 鳥海山(ラスト?その2)

7:00仙台発 10:20祓川発. 
Cimg0276
登山道を跨いでから迷走.藪に入り込み時間の浪費.
雪渓上に出てからは,暑さの中,ダラダラと登る.
七ツ釜小屋上はギリギリ雪がつながっている.
大雪路に出ると涼しくなるが,ペースは全然上がらない.
引き続き休みながらダラダラと登る.
舎利坂あたりになると風強くなる..14:30七高山着.
Cimg0297
15分ほど休んだ後,下りに入る.
2000mくらいまでのザラメは快適.
その下は徐々にスプーンカットがひどくなる.
今日も裸のスキーヤーは健在.
15:55 祓川Pに戻る.19:10仙台着.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/12

2007.6.10 鳥海山(ラスト?)

寒気を伴った低気圧が天気図上では消失.
しかし日本海にしぶとく渦巻きが残存..
が,昨夜に比べれば南下?鳥海はぎりぎり抜けてるような..
そんなわけで鳥海にしては超遅出の8:40仙台発.
ぎりぎり9:00泉スマートICチェックイン.

Cimg0220

11:40 祓川P着.昼飯後の出発に.12:05P発.
藪を漕いだりして,抜けたのが12:50頃?
高度100mに1時間弱のローペースに焦る..
1年ぶりの裸のスキーヤーは健在.

時間も遅いので降りてくる人もまばらだが,
3週間前に会った秋田のボーダー(新人)とすれ違う.
天気は晴れたりガスったりの繰り返し.
東側は全く雲が消えないので,山頂はやめて,
昨年に引き続き,氷の薬師上の雪渓に照準を定める.
Cimg0221

氷+ザクの混じった急斜面にやや苦労するが,
ようやく3段目のベンチ(2050m)に到着.15:30.
準備をして早速下りに入る.15:40
縦溝+スプーンカットが酷く,雪はかなり硬め.
それでも調子よく降りて,19:30仙台着.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

2007.6.9 月山・姥ヶ岳

8:30仙台発 通勤モードで10:20姥沢P
11:10月山リフト上(シール登高)
11:40姥ヶ岳山頂..ガス+強風..

Gassan070609
時折晴れる.そそくさと下る.
大斜面..コブの尾根を滑る.
Gassan070609b
その後リフトで登って,懲りずにもう1本.
まだPまで下れた..13:00 ちょうど雨降り始める.
げそ天ざる経由.仙台着16:00.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

2007.6.3 かなうば

仙台は朝からどんよりで休養日と思いきや,
日本海側はピカピカの晴天の様子.
居ても立っても居られず,結局,遅出.
11:30仙台発~(高速;菅生で昼食)~月山IC~姥沢P13:10.
Cimg0141

シールとポカリだけ持って,とりあえずリフト上に14:00頃.
ここからシールを貼って,この時期限定の金姥への直行ルート.
しかし暑い..昨日の疲れもありで,
だらだら登って何とか金姥にたどり着く.

休憩後,降りる斜面を探すが,かなり縦溝がひどく,
昨日の縦溝での転倒の影響もありで,滑る気を無くす.
溝の少ないところを見つけて何とかくだり,
ちょっとだけ登り返してリフト上に戻る.

あとは大斜面を下る.
深くえぐれたラインコブばかりで懐かしのコブは無し..
15:45 姥沢P,寒河江スマートIC経由で
18:00ヤマセの國に戻る.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.6.2 100宅

Chokai0602
5:30仙台発 8:40 100宅口着 9:10 O清水園地発.
着いた時は快晴だったが,雲が出始める.
とりあえず尾根に登ってスキーを履くが,
ところどころ木が起きつつあり,右往左往.
大倉の上でちょっとだけ担いだ後,
滝上の雪渓に出て再びスキーを履く.
硫黄臭のする沢を越えて右尾根に回りこみ,
ひたすら登るが,日差しが出てくるとかなり暑くて,バテ気味.
1550m位で昼食.一瞬ガスったおかげで六月蝿も一掃.
だらだら登り,ザクザクの南斜面にずり落とされつつ,
14:40ようやく山頂に.

小休憩の後,早速下りに取りかかる.
ザクザクの上部急斜面は滑りやすくて気持ちよく下るが,
その後,黄砂と深い縦溝に悩まされる.

大倉下はスキーを履いて粘ったものの,
起きてくる木に負け,数回膝打ちする.
ニーカップしてくれば良かったと後悔しながら,
途中で諦めて担いでおりる.
16:20頃 園地に戻る.虫の餌食になる.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »