« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/29

新板

この期に及んで新板をおろす.
新板
K2サハリー.テレでは,これまでで最短の160cm.
102-70-89の今となっては細身の山競技板.
春先に買った黒菱の同様の板は1回で廃材となったが,
このあたりはさすがK2.
トーションボックスの乗り心地は
初期のカービングモーグル板を思い出させる軽快さをもつ.

そして国内では知名度の低さから誰も買わないという不人気板
アルペン用も考慮して追加購入しておきましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.6.29 がっさん

午後から本降りの予報のため,朝に賭ける.
Cimg0221
7:40過ぎ..雨がパラつきはじめる中,リフトに乗る.
人もほとんどいないので,トラバース路も含めてガリガリ.
Cimg0230
2本目位から雨が強くなる,代わりに雪面は緩んで,
滑りやすくなる,4本目,ウェアも中もびちゃびちゃになり,
終了とする.10:30.珍しくテレマーカに遇う.

大斜面はこの雨で概ね終了と思われます.
(リフトの1日券,回数券も販売終了に.)

でも回数券の残りは1です(未練).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.6.28 がっさん

14:00.なぜかネクタイ姿で月山入り.
Cimg0213
あわてて着替えて3本.新板好調.
終了16:30だと思っていたら,上りは16:15だった.
崖下で終了のアナウンスを聞く.敢え無く終了,16:15.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/27

2008.6.27 13号地(その3)

今年も結局,13号地..月の下に寝る.
Cimg0205
ついでに過去の愛車ST185Hを懐かしむ.
Cimg0209

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/23

2008.6.22 がっさん状況

道路の除雪が終わり,駐車場で寄付する千円に
不条理を感じる季節がやってきた.
Cimg0172

Tバーはスポ少で大混雑,
Cimg0173

月山方面.一瞬の晴れ間.ヤマセが切れずにガス,東風強し.
Cimg0174
斜面はかなり凹凸,縦溝は目立つ.金姥南はやや良.
Cimg0176

大斜面..人も少ないのでコブも少なく,浅め.
コブ尾根も広く,上部は大回りも余裕,
懸案のトラバース路も最下位ルートは凹凸がなく快適.
Cimg0179
沢コース下部はブッシュがひどくなっている.
Cimg0181
今週末までもつかどうかは天候次第..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/22

2008.6.22 今日は月山の影になる

080622
たまにはコブも良いでつね,.シールはベロベロでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/18

栗駒雑感

土曜の地震以降,仙台でも早朝からヘリコプタが
飛び交っていたが,ようやく落ち着いた感がある.

地震以降,航測各社は災害情報を公開しているが,
栗駒東南麓では,荒砥沢の地すべりと駒の湯あたりの
直接的被災地の撮影が主となっている.
土石流自体の発生源となったドゾウ沢源頭の状況は,
山の裏側から曲がりこんで流れ下る地形の複雑さからか
報道もあまりなされず,地震直後に撮影された
某夏油関連ブログの貴重な画像を除けば,
ほとんど情報がない状況であった.

そんな中,土研の速報にドゾウ沢の状況が掲載されており,
大規模な崩壊と流走跡の様子を見ることができる.

http://www.pwri.go.jp/team/volcano/iwate_earthquake/iwate_komanoyu.html

今後の降雨により,崩壊,流下が続き,また侵食により,
再び谷が刻まれるものと思われる.
(砂防屋の目のつけどころになることが予想されるが,)
これも自然の地形形成の一作用なのである.

栗駒耕英地区の今後の復旧が気になるところである.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/15

2008.6.15 早起きは450円の損

朝4時からヘリコプタが飛び交う仙台市内.
そんなわけで早起きで5:10仙台発.
この時間に高速に乗ると...
深夜割引も通勤割引も効かない不条理.
6時待ちも面倒なので,正規料金900円を支払う.

8時過ぎ,祓川P.着.駐車場の面子は先週と同じような..
8:35 P発.
Cimg0125
登山道を跨ぎ,いつもの抜け道で藪越えしたところで板を履く.
0.5里霧中...板を脱いで康ケルン..小休止.
ようやく明るくなりつつある.しばらく登ると..
Cimg0131
予想通り,上は快晴..
今日は結構涼しいので先週よりは楽.
喉は風前の灯,舎利坂下では雪切れしていたが,
なんとか板を履いたまま乗り切る.
途中で休みつつ13:00頃(?)山頂直下..
外輪まで登らずに終了.
Cimg0141
百宅口の山開きだったようで,珍しく百宅側が賑わっている.
Cimg0143
昼食後,13:40.下降に入る.
来週からのコブ斜面に備えて,今日から脱・鱗板.(SS)
久々の滑る板なので,様子見気味に下る.
山頂直下の大斜面も若干縦溝が目立ってきたが,
七ツ釜あたりまでは何とか..その下はボコボコで..
藪を通って,スプーンも大さじで過酷になった最終斜面を
Cimg0151
無難にこなし,14:40Pに戻る.18:00仙台着.

今日,祓川から上に登ったスキーヤーはおそらく5人だけ.
もうそろそろ鳥海も終わりの気配..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/13

ボーナス前の..

日経の全面広告.
ボーナス前に姑息な…
最近のProTREKはどうですかね..(スント遣いより)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/08

2008.6.8 7高山

6:20 仙台発,9:10 祓川着.
無線の充電切れなどで手間取り,9:45 祓川P発.
Cimg0105

気温高.無風.湿度90%.蚋70%以上.
下の藪でももう暑さでバテバテ.
今日は山頂も無理かと思うほど..
雪は激減.七ツ釜小屋の上もつながらなくなった
七ツ釜小屋11:20頃,小休止.
小屋上でようやく涼しくなり,何とかペースに乗る.
Cimg0112
 (氷の薬師上の斜面ももう終わっていた..)
13:00 1950m付近で昼食にする.
14:15頃,山頂着.高度計がズレていてちょっと得した気分..
(面倒くさがり,補正もしていないので..)

14:45 下降開始.七ツ釜の上あたりまでは,
まだ気持ちよく下れる.
その後,地元のスキーヤー・ボーダー3人組と前後しつつ,
祓川に下る,15:30.フォレスタ経由,仙台着,19:00.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/04

デジカメその後..

先週末に百宅口から救済したデジカメEX-V7.
乾燥させて起動させるも,再生ボタンが感知しない等,
不具合がいくつか発生.
さすがに1週間の雨ざらしのダメージは大きい.

先月,保証修理に出してレンズユニットを
交換したばかりではあったが,残念ながら引退..
(安)メモリとバッテリが回収できたので,まあ良しとする.

さて後継のEX-V8.既に発売後9ヶ月.
こちらも型落ち寸前の不人気機種になっている.
その分,値落ちも良い感じである.
こだわりはH.264,ステレオ音声の動画機能.
後継機種の情報は未だなし.
(たまにはする)仕事でも動画を使う機会が結構あり,
無いと不安なので,とりあえず入手しておく.
(動画にこだわらなければ,Optio W60待ちでも
 良かったかも?)

V8になってセンサが変わったせいか,
若干発色は良くなったような気もする.
あとISO50まで落ちるようになった.
基本的にはそんなところで,あとはほとんど
変わらず,使わない機能が増えた程度.
新鮮味は無し..それはそれでちょっと寂しい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/01

2008.6.1 牛首

天気は南が吉..というわけで月山.
11:00 姥沢P発.12:15 金姥.
Cimg0030
(金姥から姥ヶ岳)
一度,底に落ちてみる.柔らかめでまずまず.
底から今度は牛首に這い上り,昼食,
次は牛首から一度降りて,縦溝のない月山西斜面を一本.
さて,そろそろ姥ヶ岳に戻ろうと斜登高するが,
サクサクの金姥の斜面の誘惑に再び落ちる.
Cimg0085
そんなわけで姥ヶ岳山頂15:20.
Cimg0090
小休止後,大斜面.コブ底の急ブレーキに悩まされる.
もうウロコの季節も終わりか? 16:00.Pに戻る.
Cimg0104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »