« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/22

旅行記 SDJ->SHA->PEK->KUL->PEK->SHA->SDJ

旅行前
・某カード会社のトラベルデスクで
 異常な高額な航空運賃となったため,
 某航空会社に直接,交渉する.
 (オンラインでは8万円くらい)
・しかし, 「見積書ってなんですか?」
 「あとで調べて電話します」(片言)
 →電話は来なかった.
・メールを送ってみる→戻ってこなかった.
・結局,前出のトラベルデスクから電話が来て,
 10万弱で決着.

旅行直前
・電話で航空会社に電話してスケジュールを確認
 「3時間遅れて出発しました.あ,でも上海に今,つきましたね.」
 「出発時刻は14時25分です」「え?」
  →中国時間で回答される.定刻は15時25分(日本時間).
  →空港に行かないと埒があかないことを悟る→定刻で出発

往路: 仙台空港発 北京行 (初の仙台発の国際線体験)
・なぜか上海経由→そんなこと聞いてない.
             行先は北京だけしか表示していない
・上海からは国内線になる
  →聞いていない.上海で入国手続き.団体扱い.
   いつの間にか日本人のスチュワーデスもいなくなる.
・北京で荷物が出てこない
  →バスで連れて行かれたのは国内線の出口
  →荷物だけは国際線の出口に出てくるらしい
  →聞いていない.
  (確かに仙台からの団体客は違うバスに乗って行ったような気が..)
  ※とにかく案内が悪いので仙台発着は要注意.

晩飯
・昔の会社の同僚と再会し,晩飯に出る
 →○京飯店下の中華料理店で北京ダックを頼む
 →「50分くらいかかるけどそれでもいいですか?」
 →飲み食いしながら待つ.
 →1時間後.
 →「北京ダックは品切れになりました」
 →「代わりにチャーハンでも頼みますか?」
 →「え?」
   ごねる.結局,翌日,来れば値引くことで決着.
 →結局,チャーハンを食べる.
 →しかし飲んでいるうちに担当の服務員は帰宅していなくなった

・翌日,ディナーの飲み物は
 気の抜けたコーラとスプライトとビール.
 早々に退散して,再び街に出る.
 結局,1人仲間を増やして北○飯店に直行
 →昨日の服務員を発見.ダック3割引きで決着
 →頼むとすぐに北京ダック用のタレやら何やら出てくる
 →何も出てこなかった昨日は
  あらかじめ仕組まれた策略だったことを悟る
 →しかし,やっとで念願の北京ダックにありつく→ウマ
 →そして会計時.定価の請求書をもってくる.
   またしても服務員は失踪.
 →ごねる→とりあえずダックのみ3割引達成.

タクシー
 五輪明けでも英語は通じない.
 ガイドブックに書かれた文字が頼り.
 繁華街でタクシーを捕まえるのは難しい.
 行き先によっては,
 相当に交渉しないと乗せてもらえない.

おみやげ
・やけに厚い本が入っているなあと思いきや,
 開けてビックリ..
 兵馬俑の額.結婚式の引き出物的感覚.
 →持ち帰るか悩むがとりあえずマレーシアに連れて行く.

マレーシアでのディナー
・マレーシアの偉い人が来たので,公式ディナーに.
 そのため,何とノンアルコールで2時間以上..つらい.
 (※マレーシアはイスラム圏)

帰路
・黒川紀章設計のKUL空港は謎.向かい側に見えている店に
 なかなかたどり着けない.

・出掛けに他の仲間と立ち寄ったKLCCで飲み足りなかったので,
 空港のCHEERSでさらに仲間と2pintほど飲む.

・酔っ払ってトイレ周辺で搭乗券を落として蒼くなる.
 →すぐに見つかる

・マレーシアから北京の便は,
 前方のみガラガラで横になれるほど快適.
 (オンライン予約がないので,後ろから客を詰め込んでいる)

・北京での仙台行きXX155への乗り継ぎ時間は
 わずか1時間10分ほど.カウンターで確認すると,
 チケットにGate C-53と記入された.

・再び中国への入国手続きをする.
 ラッゲージクレームにたどり着くが,一応,
 「荷物は受け取らなくてよいんだよね?」とカウンターで聞くと,
 「ピックアップして持ってこい」と言う.
 でも荷物を探して2周するが見つからない.
 他で聞くと,「荷物は直接,仙台に行っているはず」
 そんなわけで時間を浪費.

・チケットに書いてあるC-53に向かうが,その手前のC-52に
 XX155上海行きの文字が..そんなわけでC-52に降りて,
 ゲートに搭乗券を差し出す.
 「そうするとあなたはここではない.C-53に行け」と言う.

・しょうがないので戻ろうとするが,ファイナルコールで
 やはりXX155 上海行きはC-52に急げと言っている.
 またゲートで交渉する.なんとも埒があかない.
  ゲート番号が間違えて書かれていたから?
  マレーシアで発券した搭乗券だから?
  上海ではなく,仙台行きとチケットに書いてあるから?
 しばらくして,もう1人の服務員が対応して,やっと埒があく.
 危うく乗り遅れるところだった.最後の一人として,
 やっとでバスに乗せてもらう.
 バスに乗りながらC-53のゲートを見たら
 誰もいなくて閑散としていた.

・上海で再び出国審査をし,国際線のターミナルに
 連れて行かれる.やっとで至難の乗り換えから開放される.

税関

・仙台空港の税関で荷物を開けろと言われる.
「その新聞紙にくるまれた中身は何ですか?」と詰問される.
そして出てきたものは...「これは一体,何ですか?」
Cimg2618

「・・・・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.21-22

スコールやまず..
Twintower
そして再び長旅へ.
Cimg2683
そしてようやく仙台に戻る.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/19

2008.10.19 新宿@Af

CNNマニアにはおなじみのTruly Asiaの
シンボルといえばやはりこれ..紆余曲折して,
一応,登る.
Kl1019c
そして,この街のシンボルになりつつあるツインタワー.
Kl1019a
しかし,その下は..
Kl1019b
伊勢丹,紀伊国屋とここは新宿かと..人の数も新宿並(以上?).
もうそろそろ海外料理にピリオドを打ち,
昼はトリカツとじ定食(しょっぱい.)夜は寿司定食と日本食に勤しむ.
玉野井(純米)の300mlで日本円で2300円は高すぎで泣,
たかが日曜の夕飯で散財しすぎのような気も..
このあたりはAf.夕方から夜はスコールが来る.
このたびにホテルの衛星テレビが壊滅するのが寂しい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.18 Long Trip

今日の出租车は,こちらからうっかりとシートベルトしたこともあり,
極めて安全運転.経路をリクエストして空港に戻る.


そしてたどりついた地は..MidNightでTeksiは深夜料金となりました.
Truly Asia..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

2008.10.15 出租车

シートベルトも車線もあって無いような。

   
行きがあるということは、帰りもあるということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »