« さよなら鳥海、また来年。 | トップページ | 2009.6.21 金姥 »

2009/06/20

2009.6.20 7高山(最終回)

仙台発6:50 祓川着10:00.10:20発
CIMG3435 
最初の急斜面を登ると,沢側もついに雪も切れ.
登山道歩きになるが,すぐに登山道から雪渓に降りて,
いつもの抜け道ルートを目指す.
先週よりもさらに1mくらい雪解け.抜け道の崖も
かなりきつくなってきた.あとはタラの棘と戦いつつ,
藪抜けして雪渓に乗る.既に疲労感が..
今日はブヨ対策で長袖シャツを羽織るも,とにかく暑い.
すっかりグダグダになり,7ツ釜小屋に着いたのは,
すでに12時過ぎ,昼食休憩.
御田と7ツ釜はぎりぎりつながっていた.
CIMG3445
(縦溝に苦労するテレマーカ)
ここからブヨも大丈夫と思い,半そでになるが,
高温,さらにほとんど無風で,結局,山頂までつきまとわれる.
そんなわけで山頂着いたらもう15:00過ぎ,
とにかく暑さには弱すぎてヘロヘロです.
CIMG3448
(暑さで大量の湯気が立ち上がる大雪路)
さて,下り..今週は,結構,雨も降ったようで,
この一週間で,すっかり表層のやわらかい雪は流されて,
縦溝+スプーンカットが急速に進展.
CIMG3454
(山頂直下)
CIMG3452
(新山も縦溝だらけに)
CIMG3451
(今日は荷揚げのヘリが飛び回っていた)

山頂直下もボコボコで滑りにならない状況.
舎利坂付近も予想以上に縦溝が発達.
ここから下は言うまでもない.
CIMG3456
(七ツ釜小屋下)
最後は藪漕ぎを避けて,登山道に逃げる.
最後の急斜面だけスキーを履くがスプーンカットがひどくて,
滑りもボロボロ..16:40頃? 祓川P.

残念ながら雪はまだまだあるものの,
滑るには不適な状況になりつつある.
そんなわけで今期の鳥海山シリーズは本日にて終了.
日当たりのよい南向き斜面を狙った方がいいかも..
CIMG3461

|

« さよなら鳥海、また来年。 | トップページ | 2009.6.21 金姥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57992/45400771

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.6.20 7高山(最終回):

« さよなら鳥海、また来年。 | トップページ | 2009.6.21 金姥 »