« 2009.11.7 青山 | トップページ | デジカメ再考 »

2009/11/14

映画の秋

いったん止んでいた雨もゴミ捨てに行ったらまた雨になってきた.
夜に向けて天気図上は強力な西高東低になるようだが,寒気の流れ込みはほとんどなし.11月初旬なんかに寒気を放出しすぎるからこんなことになる.やむないので久々に完全休日モードに入る.最近,ろくに文章も書いていないので,雑文に勤しもう.

さて先週末,久々に読書もせずに映画をたくさん見る.特に昼行便は読書の気分を阻害する.某航空救済ツアーのため,食は貧相であったが,映画は割に良かった.

・サマーウォーズ (メタバースもの,若者が見れ..と勧めるので)
・Imagine That (久々のエディマーフィ)
・Julie and Julia (ブログもの,まだ日本未公開?)
・Mr Bean’s Holiday (3回目.早送りでまた見てしまう..)
・超感覚カップル(パク・ポヨンは真央に似てるがw,かわいい.)
・そして『剱岳点の記』.
やはり測地は偉業である.泉ヶ岳を登るにも地図と道があればこそ.それを改めて認識させる新田次郎の作である.今や航空測量,リモートセンシング,GPS測量など測量は簡単になったが,当時はやはり未知へと向かう夢がある.伊能に続く測量魂は偉大であると言える.そして「雪を背負って登り雪を背負って降りよ」である.これは新田次郎が作った台詞なのだろうか.雪は季節の中で道としての機能をもつことを言葉の中に秘めている.それをなるほどと唸らせる.
さて映画の中の山の映像はなかなかに美しい.やはり山の映像は,秋の赤黄色と水面は綺麗に撮れねばならぬと実感させられる.
そんなわけで,新しいカメラに手を出したくなる今日この頃である.(結局,物欲かよ)

|

« 2009.11.7 青山 | トップページ | デジカメ再考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57992/46757313

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の秋:

« 2009.11.7 青山 | トップページ | デジカメ再考 »