« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/30

2012.6.25-29 Москва

朝8:00SDJ発.朝便は737に格上げになっていた.
IMG_2229

そしてとっても評判のよいSU便A330-300に乗る.
中国と同じで,どうでも良い予約は前から詰めていくシステムで,
前方は混雑.後方はガラガラな感じ.
IMG_2234
日本語のアナウンスも日本映画も一切なし.
(酒もなしかと思ってたら,紙パックで注いでいたのが
実はワインだったらしい).
そしてこちらも評判が高いシェレメーチェボ空港着.JALなどはあまりのサービスの良さにドモジェドボ空港に移ったとも云われる.
最新ターミナルで出入国カードを印刷してくれるのだけれどプリンタが遅いのがネックで結構待たされる.(当然ビザは必要.)
そして市内.噂通りの大渋滞.
IMG_2249
23時を過ぎてもなかなか暗くはならないМосква.
IMG_2293-001
夜通しディスコから重点音が流れてくる活気溢れる街. 
IMG_2309
(そしてカラスも骨太な感じで..)
IMG_2302
(鍵のなる木..橋に鍵をかけたくなる欧州人の仕業)

そして赤の広場.
IMG_2341
赤は共産党の赤ではなくて美しいという意味だと現地ガイドが強調していた.
IMG_2463
(夕暮れの赤の広場の聖堂.21時過ぎ)
あわただしくガガーリンも..
IMG_2389 
白鳥の湖も..
IMG_2411
あわただしく巡る.
お土産の主流はマトリョーシカ..(こけしがルーツとか?)
IMG_2405
屋根の上でスケッチをする女性.
IMG_2369-001
(ロシアはいろんな意味でレベルが高い.)
そしてロシアの自転車事情.
IMG_2476

さて帰り.空港でロシアビールBaltika No.7の後,帰途に着く.
シベリアの大地と白夜.
IMG_2518
窓際の苦痛を選ぶのは,飛行機からでしか見れない
このグラデーションと..
IMG_2513
鳥海山見たさからか..
(シェードを開けると怒る外人やトイレに行けない苦行に耐えつつ.)
IMG_2529
(粟島上空から鳥海山)
そんなわけで新幹線経由であわただしく仙台に戻る.15:00着.

おまけ.
IMG_2547
2014ソチ五輪の怪しげなマスコットたち..名前はまだない.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/29

2012.6.29 鳥瞰山

南西から鳥海山を眺める.IMG_2536-001
(この1枚のために窓際の苦痛に耐えるとか..)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/26

2012.6.25+

昨日の月山から一転.
IMG_2290
こんなところに..夜はいつ来るのだろう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/24

2012.6.24 牛首

上空の低気圧が抜けず,天気もさえずの状況が続く.
まだ鳥海に未練があったが,天候もいまいちで,
結局,近場の月山に決定.
9:20 仙台発 11:00 姥沢P.11:50 リフト上駅.

IMG_2194
(登山道歩きになったがまだまだ余裕の状況)
そして,この期に及んで新板を卸す..IMG_2198
(アルピナのライトテレイン(X-Terrainよりやや細い)

とりあえず金姥直行コース.天候はガスときどき晴れ.IMG_2203
(斜面下にはステップソウルフルな人たちが..)
金姥と姥の間の木道に上がり,ベンチで飯をと思ったが,
頻繁に登山者が通り「こんにちは」で,飯どころではない感じで.
ガス明けを待ってとりあえず柴灯森下まで下り,昼食に.
昼食後,先々週同様に牛首を目指すが,
牛首に着く頃には再びガス.
ガス明けを待ってうつらうつらと20分.
ようやく見えてきた隙をついて下りに入る.
IMG_2216
(この時期にしては凹凸も少なく良好..)
柴灯森の斜面,金姥下の斜面など良さげな斜面を滑りつつ,
リフト上まで戻る.
IMG_2219
(柴灯森斜面下,雪消え直前の斜面は結構良かった.)
IMG_2223
(団体の登山者が目立つようになってきた)
そして最後は今日も沢コース.
IMG_2225

(この時期に沢コースが滑れるのは滅多にないことで..)IMG_2226
そんなわけで大斜面をかわして15:45 姥沢P着.
高速渋滞で下道を回ったりで18:10仙台に戻る.

さて新板は..というと,取り回しは良好.
雪質の変化に敏感でつんのめったり引っかかりで,慣れない板に時々転倒もしたが,ターンはしやすくて乗りやすかった.残りは5です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/17

2012.6.17 祓川

4:20 仙台発.7:10 祓川着.天候は時雨.
数値予報を信じれば昼過ぎまでは雨っぽいが,
レーダーだと雨雲も通過する予報で微妙な感じで迷う.
雨が弱まった隙をついて8:00出発.
120617_0805~01
ザックカバーをつけると板がつけられないしというわけで,
早々に板を履く.そして,暑くてジャケットを脱げば雨が降ってくるし,着れば雨が上がる.そんなことを繰り返しつつ,七ツ釜小屋下で
急斜面に取り付く.この頃から雨脚が強まってくるが,気温が高く,また既にびちゃびちゃなのでそんな苦にはならない.
何とか登りつめて避難小屋にIN.
120617_0941~02
一向に上がる気配のない雨.液漏れして鳴らないラジオ.
暇だなあと思っていると,秋田のクロカンBCの人1名.
今年からボードから一気にクロカンBCに転向したとか.
やるなあ.雑談をしつつ天候の回復を待つが,回復の気配なし.
結局,早めの昼食を取って下ることに.
120617_1206~01
雪は修行系だが,ざんざん降りの雨のおかげで
表面が緩々になってターンができる程度に滑れる.
藪こぎで転倒してドロドロになったりしつつ,神社まで下る.
11:40祓川P着.途中で仮眠を挟みつつ,仙台に戻る.15:10.

例年であれば「さよなら鳥海,また来年」となるところだが,
120617_1230~06
残念ながらバックミラーに写る山はなし.
不完全燃焼のまま,今季の鳥海山シリーズは,
百宅コースにも山頂にも行くこともないまま終了の気配.
次回からいよいよ今季最終章に突入(予定).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/10

2012.6.10 牛首

仙台は朝から小雨.今日は休養日かとも思われたが,
午後からは行けそうな..そんなわけで昼食後,仙台発.
13:30姥沢P.14:00リフト上駅着.Tバーは故障中とか.
120610_1400~03
(今年の残雪はまだまだ豊富)
120610_1407~01
(今週まではスキーを履いたまま乗車可能)
とりあえず金姥に直行して1本.
縦溝も目立たずまあまあの状況.
下ってから柴灯森を目指すが,良い雪を求めていると,
いつの間にか牛首にたどり着く.
IMG_2180
(昨年の大量発生のせいか雪の上でヘバッているカメムシが多い)
120610_1536~01
(牛首から四ツ谷沢)
さて雪は..というとまだ柔らかい成分が多いのだが,
縦溝の残党の氷の突起がポツポツと残る状況でひっかかる.
IMG_2178
(月山に限らず今年はこんなのが目立つ)
柴灯森下,金姥下の良さげなところで滑りつつ,
トラバースでリフト上駅に戻る.
IMG_2189
あとは無難に沢コースを下って本日終了.16:45 Pに戻る.
ほとんど人のいない静かな牛首でした.残りは6回です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/09

2012.6.9 祓川

午前中が勝負と踏んで,3:30仙台発.
120609_0544~02

鳥海山も山頂までばっちり見えている.
120609_0624~03
6:20祓川発.雪はかなり減ってきた気がする.
木道経由でシール登高開始.登山道跨ぎでスキーを外し,
様子見にスキーを持って斜面下.
(まだスキーで越えられる程度の藪)
ここからハーフシールで難儀,ところどころで転倒しつつ,
何とか七ツ釜上7:40.
大雪路に入る頃,山頂あたりに雲が沸いてくる.
120609_0757~02
さらに氷の薬師付近でガスに巻かれる.
そして喉を抜けると強風に.
ここで久々にジャケットを着て,舎利坂に.
久々に山頂も..と思うが,2100m位で雨が降り始める.
レーダーを見ても既に雨雲に追いつかれているようなので,
あっさりと撤退決定.下りに入る.9:20.
視界は悪いものの雪はそれなりに柔らかくて,
七ツ釜の上までは順調に下る.
120609_0935~01
問題はこれから..
この時間,この天気だと雪面はまったく緩んでおらず,
尖ったボコボコ斜面が温存されている.まさに荒行.
これほど状況が悪い年も滅多にない.
横滑りとキックターン,たまにテレマークターンを入れて,
高度を下げてようやく登山道付近まで降りる.
ISKD氏率いるステップソウルフルチームが斜面を均しつつ練習に励んでいた.会話を交わした後,さらに下って10:30 祓川P.
120609_1032~01
(山頂あたりが見えているのが悔しい)
久々に百宅そばを食べて14:20仙台着.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/06/03

2012.6.2-3 祓川

1日目:
4:50仙台発.前日の鳥海支所の情報によれば, 手代林道は今週から除雪に入っているが、雪が多くて難航,鋭意除雪中だが大清水まではおそらく行けないだろうということだったが,やはり橋を渡る手前(標高650m付近)でアウト.(残雪が多い!)
120602_0808~01
ここから登るのもロスが大きいので,素直にあきらめて祓川に回る.
120602_0813~01 
(手代林道から鳥海山)
さて結局,いつもの祓川. 翌日も天気が良さそうなので,
宿を確保した後,スタート. 
IMG_2047
ほぼ無風.暑さでヘロヘロになりつつ.1900m付近で昼食に.
IMG_2050
(大清水はやっぱり雪の中,除雪音が聞こえる)
ここからはシールを剥がし,ところどころ滑りつつ,高度を上げる.
すっかり遊び場になっている先週の快適斜面を越えて,
ようやく外輪山着.13:50.
IMG_2061

IMG_2058
このあたりはいつものメンバーしかいないわけで..
IMG_2063 
今日も気持ちよく下れる.
IMG_2072 
あっという間に出口.
IMG_2074 
下界は修行モードで..15:40 祓川P.久々の鳥海荘にIN.
高校の運動部が泊まっていて合宿所の様相を呈する中,
ビール,天壽で本日終了.

2日目:
8:20 祓川P発.薄雲がかかっているが,それでも風が弱くて暑い.
IMG_2075 
すっかりヘロヘロになり,ところどころで休憩を入れる.
IMG_2076
それでも上部に来ると少し風が出てきて,やっとで生気を取り戻す.
今日も人目を避けて(?),昨日の領域に直行.のんびりと昼食に.
IMG_2080 
さて昼食後,とりあえず眼下の斜面の上部を一本.
IMG_2084
そのまま藪の切れ目を抜けて,今日もこっちに.
IMG_2086 
そして下の緩斜面も快適.
IMG_2092
ここから登り返しを入れながら,出口を目指して下りに入る.
IMG_2095 
(この時間になるとほとんど人もいない.)
ところどころ気持ちよい斜面を楽しみつつ,
今日も無事に出口に到着.修行に入る前にデザート休憩に.
IMG_2096 
ここからデコボコ斜面に入る.
昨日よりは人が多く入ったせいか多少は滑りやすかった.
15:30祓川P着.フォレスタ経由で18:50仙台(洗車機)着.
今年は百宅口には行かずに終わりそう..

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »