« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/29

2012.7.29 油戸

弱い気圧の谷の影響で山の天気はいまいちな.. 平地は相変わらず30℃越えな感じなので,結局,今日も復興支援パスをフル活用し,日本海に..9:30仙台発. 鶴岡のいろは食堂になんとか昼前に駆け込み,中華そばの後,今日も由良界隈を放浪.昨日以上に波が強く,思案の結果,油戸へ.
P1000840
今日も魚とともに波に揉まれ漂流2回戦.
P1000798
それなりに楽しんで本日終了.今日は寄り道せず,
渋滞前に月山越えし,寒河江のハイウェイオアシスでの
アイスタイムを挟みつつ,仙台着17:00.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.7.28 由良

いよいよ梅雨明けして海のシーズンに突入.
そして今日も月山越えして日本海.初回は由良.久々に海の中..
P1000755
海の中は涼しくて快適..P1000761
波が強くて透明度は低い.P1000765
そして酔う.1時間ほど遊んであっさりと終了.
三川のゼビオで涼んだ後,仙台に戻る.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/21

2012.7.21 心字雪渓

あれれ?スキーシーズン終わったんでないの?
季節も逆戻りすれば行動も逆戻りするというわけで..

月山,鳥海山と行き先に悩むが,ポールだらけの月山より鳥海山に気持ちが傾く.とりあえずは5:40仙台発.一時は下道を目指すが,運転の楽さを選んで,高速ルートに転向.東北復興観光支援パス(3500円)を携帯で購入して,高速に乗る.強力なヤマセで月山エリアもすっかり雲の中.そんなわけで(予定通り?)月山は通過.そして月山第一トンネルを越えると快晴.9:00.車道終点着.
駐車場は既に満車で路上駐車.9:25発.晴れていても暑くないので順調に登る.9:45滝の小屋,10:40河原宿着.
IMGP0396
河原で休憩の後,今日も上部の雪渓を目指し,板を担いだまま,
先行の登山者の後をのろのろと登る.最上部の小雪渓に乗った
時点で11:55 昼食に.昼食後は雪渓上端1930mまで登る.
IMGP0418

IMGP0431
上部でとりあえずショート1本,トロけていてそれなりに良好.
登り返して13:15.下りに入る.とりあえず小雪渓を気持ちよく
滑った後,下部の大雪渓に渡り今シーズン最後と思われる一本.
IMGP0446
凹凸も上に比べればひどいが,無理やりターンできるレベルで
あっという間に河原宿に戻る.
ここから板をザックにつけて下りに入る.登りのときより暑くてペースも上がらない.
IMGP0453
途中でこれから月山森を目指すというISKD氏らと出会い雑談の後,さらに下界を目指す.滝の小屋手前の沢で,再び最後と思ってスキーを洗えば,あとは車道を目指すのみ.
IMGP0458
しかし下りは遠い.滝の小屋から下は登りよりも遅いペースで,
ヘロヘロになりつつ15:15 ようやく車道着.
あとは酒田みなとICから高速に.快晴の庄内から月山第一トンネルを抜けて曇り,そして笹谷トンネルを抜けて雨,気温15℃,別世界のヤマセの国に戻る.18:40仙台着.本日終了.
そして今度こそ,本シーズン終了(?).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/15

最終集計(滑雪編)

今年もようやく一区切りな感じなので,恒例の最終集計を.

 

2011.11.26~2012.7.21 (期間日数239日(+35日))   
滑雪日数 68日(+14日) 滑走日率 28%(+2%)    
(ほぼ3.5日に1回)

 

内訳:   
蔵王 18   
船形・泉ヶ岳 15    
鳥海 11   
栗駒 10    
月山 10    
青森 2    
安比 1    
磐梯吾妻 1 
   
今シーズンの投入品.    
あんまり大物を買った記憶はないが..ちまちまと買う.    
   
靴:    
Fischer BCX675 ○    
3ピン用のBCクロカン靴.ORSのお勧めに従い,購入.    
以前に使っていたロシのBC X11よりかなりしっかりした印象.    
サイズ換算は25.5cm→EU41が無難.

 

板:   
Rossignol BC125  (165cm HardFlex) with Voile 3pin Cable◎    
sidecut: 123mm tip - 95mm waist - 120mm tail    
初のセンター90mm越え,それもウロコ板.    
太さの割にはとにかく軽量.旧モデルは165cmのみでHard/Softの2種類で体重,好みに対応していたが,Hardは不人気なようで,    
半額セールの対象に($199).ゲレンデでは硬くて太くてどうしようかと思ったが,裏に入るとなかなか快適.3ピンのみだと硬い斜面やクラストで心許なくて常にケーブルをつけて運用.そんなわけで今季の冬場はほとんど太革での運用に.太板はなんとなく蔑視していたところがない訳ではなかったが,世界が広がりました.    
(しかしアイスバーンでの太板の斜登高はぜんぜん駄目..    
直登する気持ちがわかりました)    
   
Alpina Lite-Terrain (170cm) with Voile 3pin Cable◎    
102mm tip - 64mm waist - 87mm tail    
X-Terrainに比べるとトップーテールで1cmほど細め.ビンディングをつけるのが面倒で使い始めるのが6月下旬にずれ込んだが,X-Terrainに比べると軽快でもう少し早くから使っていればよかったと後悔.Madshus(karhu)やRossignolに比べるとやや重めなのがマイナス.キャンバーも強くはなく,ターンのしやすさはX-Terrain同様に良好.春用としては良板ではないかと.    
   
Alpina X-Terrain (170cm) ニューモデル ○    
昨年のビンディングのネジ切れで,補修した板なので,一応,同時に輸入して備蓄品に.テールの形状が微妙に異なる.同板の160cmは同行者用のアルペン用ウロコ板に登用したが,アルペンでも普通によく登る.    
   
服:    
Mountain Hardwear Snowtastic Dry.Q Elite Jacket ◎    
Rewiewだと袖が短いとかサイズへの不満が多く,値崩れ.日本円で2万円を切っているという破格のウェア.日本人体型には最適なサイズではないかと.GoreではないけどDryQもそれなりに良く働いていると思う.

 

鞄:   
Gregory Targhee Backpack ○    
定番のザック.機能は充実,そしてとにかく背負いやすい.ただ荷物が少ないときはやっぱりパネルバックの方が使いやすい.    
   
その他,使った板:    
Alpina X-Terrain (3~6月はメインで使用)    
K2 WorldPiste (1回のみ)

 

全く使わなかった板:   
青森スキーのランドネ(ネガティブなウロコは蔵王では○)    
K2 Sahale (今年は月山大斜面を避けて歩いた)    
SuperStinx,XCD Guide    
Rossignol B2(アルペン用)    
   
他に使った靴:    
Scarpa Wasatch (Vinson):    
今季はほとんど革靴,たまにクロカン靴で,    
テレのプラ靴は一度も使いませんでした.    
Scarpa  Spirit 4 AT SKi boots    
Alpinaウロコ板(アルペン)の試し履きに1度だけ使用    
   
総括:    
今シーズンは,週末を金曜の飲み会でつぶすことなく,結構滑りにいけた.昨年は震災,そして天候に恵まれなかったこともあるが,近場の短時間スキーで着実に稼いだことと,今シーズンは鳥海山にも振られなかったので,着実に日数が増えた.5~6月は仕事の都合やや伸び悩んだものの,年間67日は最長不倒かも..    
傾向としては,蔵王,船形,栗駒,鳥海山,月山が10日以上で拮抗.太鱗板の投入で遊び方のバリエーションが増えた.そして新規のエリアにも結構足を伸ばしたが,やはり長距離で広い尾根の気持ちよい朝日連峰の鍋森が一番印象に残った.今度はさらにその先の丸い丘を目指したい. 
graph   
 
今季も何とか怪我もなく良いシーズンでしたが,    
さて来シーズンはいかに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/14

2012.7.14 姥ヶ岳

天気の不安定な3連休.それを予想して鳥海山に行っておいたわけだが,〆はやっぱり例年通り月山で.午後からは雨の気配はなさそうなので,今日もたっぷり遅出で9:30仙台発.
寒河江SAで肉そばの後,姥沢着P12:00.ガス+雨.
悩みつつ準備を始めるが,なかなか好転しない天気,時折強く降る雨に結局,中止..と決めて一時撤収.クルマで下り始める..が,若干明るくなってくる気配が..そんなわけでやっぱり戻って,準備開始.13:10 姥沢P発.13:40リフト上駅.
すでにTバーは雨で営業中止になった様子.展望所を越えて,
登山道を下って金姥下に..相変わらずガスの中.
IMGP0231
雪面には結構いい感じにスプーンが入っている.
とりあえずいつもの金姥下の斜面を登り,ガタガタながら一本.
その後,ところどころで滑りつつ,ガスの中を徘徊しながら,
姥ヶ岳を目指す.何とか雪のつながっているところを見つけて,
姥の下に到達.今日は板を置いて,姥ヶ岳に登る.
IMGP0257

IMGP0265
誰もいない山頂でデザート休憩.
さて下り..雪面は結構フラット.
IMGP0272
ガスの中の滑落をおそれ慎重に下るが,
それでもあっという間に登山道まで落ちる.
IMGP0275
あとは登山道をとぼとぼと歩いてリフト上駅に戻る.16:30姥沢P着.
IMGP0295
(下ると晴れてくるのは最近の傾向,もうほとんど人がいない.)
板を洗ってワックスを塗って本日終了.
IMGP0306
月山Pから月山.牛首もガスが晴れているのがちょっと悔しい.
片道買い足しで残りは0です.今季完(のつもり).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/10

2012.7.10 心字雪渓

久々の代休モード.天候もまずまず.
牛首も3回連続で飽きてきたので,未練の残る鳥海山エリアに照準を定める.それも初の湯の台エリアに..
6:30仙台発.加美~鍋越~真室川ルートで9:45車道終点着.
平日にしてはクルマが多くビックリするが,ほとんどは山菜取り.
とりあえずは20分歩けば雪に乗れるという滝の小屋裏の雪渓を目指し,登山道を登る.荒木沢の橋を渡るとほどなく,滝の小屋着.
IMGP0112
雪解け水の沢を歩いて,滝の小屋裏の雪渓に到達.
IMGP0114
予想以上に小さくてちょっとがっかり.
そんなわけでこれは上の雪渓を目指すしかないってことで,
八丁坂を登る.途中で年配のアルペンスキーヤーとすれ違う.
IMGP0127
大雪渓もそれなりに良かったということで,これは頑張るしかない.
暑さの中,だらだらと登り,11:40 河原宿着.
IMGP0136
一時休止の後,ようやく雪渓に到達.
下のクラックを越えてちょうど12時.昼食に.
昼食後,雪渓最上端を目指し,ウロコでたらたらと登りに入る.
IMGP0148
(とりあえず上の雪渓は全部つながっている)
氷上で効かないウロコにスリップして膝を打ち付けて泣いたり,
暑さでへばったりしつつも,13:40 心字雪渓上端1940m着.
IMGP0152
最上の雪渓だけはフラットでよい感じ.
周辺を散策後,下りに入る.14:05.
IMGP0164
上部は気持ちよく下り,その後も雪渓の縁辺部は比較的フラットなので,ほどほどにテレマークターンをしつつ,河原宿に下りる.
IMGP0188
人のいない河原宿周辺はとってものどかで,ここに泊まれたら幸せだろうな..と思うほど.しかし降りねばならぬというわけで,登りであがいた八丁坂を下る.ようやく分岐から滝の小屋裏の雪渓に載り,最後にガタガタ斜面をひと滑りで滑走完了.
沢の中で,一応スキーを洗って,滝の小屋着.IMGP0204
あとはヘロヘロになりつつ石畳の登山道を下り,
車道終点P着.16:05.雪渓上端からちょうど2時間.
鳥海山荘の深い露天風呂でおぼれつつ,そしてこのまま,
ここに泊まれたら幸せだろうなと思いつつ,
真室川~東根~関沢越えで仙台着20:00.
120710_1631~02
さよなら鳥海..また来年.(これで今年の未練はない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/08

2012.7.8 牛首

今日もノコノコと遅出で11:15姥沢着.12:15リフト上駅着.
IMGP0035
展望所からそのままトラバース気味に金姥尾根へ向かう.
IMGP0037
(レーサー2組とボーダーが入っていた.)
先週の大雨のおかげで一転してフラットな斜面.
そして緩んだ雪でこの時期にすれば絶好のコンディション.
とりあえず一本滑って昼食.その後,金姥をもう一本滑った後,
多少ガタガタを経て柴灯森下に落ちて,ここから牛首を目指す.
IMGP0062

こちらもかなりフラットな面が多い.ガスときどき晴れの状況で,
時折,迷った登山者がおいらの姿を見てコースアウトしてくる.
牛首までだらだら登って,デザートを食べつつ,
今日もガス明け待ちに.
IMGP0065
しばらくするとガスも明けてきたので下りに入る.
ところどころ斜登高しつつ,良さげな斜面を選んで気持ちよく
下り,柴灯森下に.ここから再び金姥尾根を通って,
久々に姥ヶ岳に登ってみる.
IMGP0088
湯殿山側はガスって視界不良.小休止の後,木道を下る.
IMGP0086

(雪蝕凹地もすっかりと顔を出していた)
IMGP0093
(そして花の季節)
IMGP0100
そしてTバー上,16時前でもうほとんど人はいなかった.
16:05 リフト上駅に戻る.
IMGP0109
16:30 姥沢P着.下ってくる頃にはすっかり晴れていた.
まだまだいけそうな月山.残りは1です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/01

2012.7.1 金姥

相変わらず週休一日の日々.なかなか好天には恵まれない.
上空から眺めた鳥海山への未練も,時差ぼけと疲れのせいか
眠れず起きれずで,結局10:00姥沢P着.
あっ..という間に7月に入り,月山も開山.
駐車場は無料,人頭税の季節に入る.
とりあえずリフトに乗ってリフト上駅.ポーチに入れておいたつもりのデジカメが無くて唖然とするが,家に忘れてきたかな..とか高をくくり,展望所まで登って板を履く.11:00.
120701_1244~01
今日は蒸れる革靴での靴擦れが嫌で久々のBCクロカン靴に.
ガスの中,すっかり縦溝のひどくなった姥~金ボウルをして,
金姥尾根に到達.まあ何とか滑れるくらいにフラットな斜面.
120701_1216~02
ここでザックを降ろして修行に.途中,昼食をはさみつつ,
ガスのひどくなる13:00頃まで斜面で遊び,帰路につく.
120701_1216~01
縦溝は全く歯が立たないので,そのままトラバースして姥下に.
大斜面も沢も一部で板を外せばいけそうだが,
安全策でリフトで下る.そんなわけで14:00本日終了.
高をくくったカメラだが,リフト駅や人頭税の支払い所でも届出はなく,そして家にもやっぱり無かったとorz..残りは3です.
※姥沢界隈でCANON S100を拾われた方はご一報を.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »