« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014/04/29

2014.4.29 くりこま

例年であれば2月あたりに入り込むはずが,
大雪の影響もあり,今更ながら今季初の”くりこまエリア”.
平地部は東風の影響で曇りだったが,
山に近づくにつれて天気が良くなり一安心.
いわかがみ平10:50発.

P1050001

谷もまだ開いていなくて雪は多め?かと思えば
ボトルネックの新湯沢の源頭部はいつものごとく
もうそろそろ切れそう.

P1050004
順調に快晴の山頂を目指すが,
P1050007
山頂手前で強風+ガスにまかれペースダウン12:10山頂着.
P1050038
しばしのガス明け待ち.
P1050017
(焼石連峰)
P1050029
(鳥海山)
そして気持ちよくザラメを一本.
P1050045
そのまま笊森方面の緩斜面を徘徊した後,遅めの昼食に.

P1050063
(午後になりほとんど人のいない山頂エリア)

P1050078
(そして思い思いに滑る人々)
P1050064

昼食後,尾根を越えてドゾウ沢方面に.まだつながっていた.
P1050094

そのままトラバース気味に滑って藪越えして,
東栗駒南東面に回り込む.
ここからはいつもの滑っては登りジグザグルートで
気持ちよく遊んで新湯沢越え.

P1050102
いわかがみ平手前でのんびりデザート休憩の後,
Pに戻る.15:00.

P1050055
(今日も太革で.滑りのブレーキが弱くて結構快適かも..)

| | コメント (0)

2014/04/27

2014.4.27 御浜

いよいよ鳥海山の季節に突入.そして朝から快晴.

P1020361
(鳥海山から昇る朝日)

9:05県境P発.
久々に太鱗板を駆り,迂回ルートでだらだら登る.
CIMG2838
尾根まで登ると結構,風が強くて,北斜面はやや硬め.
P1020399
11:20頃,御浜着.強風の中,昼食をとり,
御浜の斜面はあきらめて鳥の海に下ってみる.
CIMG2895
それなりに良好.笙ヶ岳三峰に登り,小休止の後,
湿雪を気持ちよく下って,あっという間に下界に.
CIMG3055
13:25 P着,あぽん経由で仙台に戻る.18:00.

| | コメント (2)

2014.4.26 石跳沢

今日もすっかり出遅れて9:20仙台発.
鳥海山にたどり着くのは午後になりそうなので,
西川ICで降りて買い出し後,月山荘跡で,
バス待ちしながら早めの昼食に.
その後,バス,歩き,リフトと乗り継いであっという間に
リフト上.そしてとりあえず姥に登る.13:20.

P1020305

姥裏も藪が多くなってきているので,金姥に登り,
一滑りして柴燈森とのコルから裏斜面に入る.

CIMG2821

ところどころ残る新雪トラップにかかり転倒を繰り返しつつ,
装束場に降りる.あとは石跳沢をのんびり下る.

P1020342

溝や凹凸も目立つが,下部もまだ沢が開いているところも
少なくそれなりに楽しく下り,ネイチャーセンター着.
駐車場を横切って再び板を履き,月山荘前14:50.

P1020359

日本海に沈む夕陽とともに日本酒に没する.

P1020350

| | コメント (0)

2014/04/20

2014.4.20 鍋森

気温の低さもあって低山狙いで2年ぶりの鍋森.   
やや出遅れ気味で8:15 月山第一トンネル発.    
今回は山形側坑口からスタート.    
安全側をとって旧道まで登ろうかと思っていたが,    
白土谷沢も余裕で渡れそうなのでついつい沢に降りる.    
雪庇の切れ目を探したりで迷走しつつ,尾根に取り付き,    
1045mの三角点に登れた(これで30分程度の短縮).    
ここから待望の広い尾根歩きとなるが.    
連日の好天で凹凸や溝が発達して歩きづらい. 
P1020244    
(月山を振り返る.ランドマークだった大越の反射板は    
ネットの情報の通り,無くなっていた) 
P1020254    
(鳥海山)

 

目的地の鍋森はまだ遠い. 
P1020242a   
途中の尾根からショートカットして谷筋に一滑りして, 
P1020250    
対岸の尾根に取り付き,再び広い尾根に.    
P1020261

 

スライドした鶴岡のテレマーカーに「あと30分ですよ」   
と言われた通り,ちょうど30分後に鍋森山頂着.12:20. 
P1020274    
(山頂から月山方面) 
P1020276    
(月山を望遠) 
P1020277    
(朝日・飯豊連峰)    
昼食後,12:40山頂発.鍋森の斜面を気持ちよく下る. 
P1020279    
そして尾根筋から谷に降りて,再び登り返す. 
P1020284    
ここからは再びアップダウン. 
P10202901    
鍋森を振り返る.相変わらずスノーモービルが四月蠅くて残念. 
P1020294    
三角点からざくざくのザラメに苦労しつつ,白土谷沢に降りる.    
坑口Pに登り返して本日終了.15:20.

 

nabemapb

 

距離往復16.7km,累積標高差1000m.   
前回(鶴岡側坑口から)より3km短縮.標高差100m減.

| | コメント (0)

2014/04/19

2014.4.19 Xao

久々にXao.天気は良いが気温は低めで雪面も硬め.

P1020213

とりあえず1本流した後,黒姫からベンチまで登る.

P1020219

そして昼食に.

P1020222

雪面は凹凸や縦溝が目立ちつつあり,
素直にトドマツ~ブナ林間のザラメと
ゲレンデのザクザクを楽しんで本日終了.
残りは2H+1Hです

| | コメント (0)

2014/04/13

2014.4.13 湯殿山麓

昨日の惨敗を受けて今日は下界から.
石跳沢右岸から入りたかったが,工事通行止のゲートに
躊躇してネイチャーセンター発10:20.適当に歩く.

P1020138

雪庇を越えて稜線に上がり,クラックに落ちかけつつ稜線を歩く.

P1020147
(石跳から湯殿山に登る人々.無秩序.)

そしてところどころでシャウシャウを楽しみつつ,
大岫峠の上1180mまで登る.

P1020168-002
(トラックベルトの跡に興ざめだが,朝日連峰が輝く)

P1020163
(鍋森を望遠.また行きたい..)

P1020175
(スノーモービルエリア,団体が入り込んでいて四月蠅い)

P1020185
(シャウシャウを楽しみつつ下る.)

P1020198
(見かけた兎.こちらを窺いつつ放尿中)

下り過ぎて戻ったりで,15:10ネイチャーセンターに戻る.
本日終了.

| | コメント (0)

2014/04/12

2014.4.12 姥ヶ岳

いよいよ月山もオープン.
そんなわけで(?)久々に同僚とスキー.
1日券コースだが無情にもガリ.
革靴の選択が大失敗となり,苦行モードに.
P1020070-003
姥に向かう人の群れ.

P1020106
月山方面.気持ちよさげな斜面に見えるわけだが..

P1020119
午後になりちょっとは緩むかと思い,姥に上ってみるも,
上部は全面ガリ,そして下部は午後はウィンドクラストに.
とりあえずは無事に降りれて良かった.
駐車場付近が一番おいしゅうございました.
大江で温泉,夕食を経て仙台着20:00.本日終了.

| | コメント (0)

2014/04/06

2014.4.6 石跳沢

久々の月山エリア.
天気が良ければ姥沢からと思っていたが,
天気もいまいち,回廊ウォークをやっているようなので,
素直にネイチャーセンター分岐付近に止める.
今日は迷わず太革で10:05発.

P1020022
(まだ除雪中)

ネイチャーセンター付近にはしっかりとトレースがついていたが,
皆,湯殿山方面に向かったらしく,単独で石跳沢に.
ところどころ沢が出てきているが,谷底もまだ十分に滑れる.

P1020026

1000m台地に乗って,適当にブナ林を上がり,
とりあえず1本試みるも全く滑らず.
再び適当なところまで上って,久々に固形ワックスを塗る.
ついでに昼食も..

P1020045
(対岸の湯殿山.クラックが目立つ)

P1020041-001
(クラック横を上がり..)

P1020056-003
(滑るスキーヤー)

ワックス後は概ね快調.2本ほど林間を滑った後,
P1020033
天候も荒れてきたので下山に..

P1020061

新雪の谷底を楽しんで14:10 本日終了.
帰路,姥沢への道路は除雪のため閉鎖になっておりました.

| | コメント (0)

2014/04/05

2013.4.5 表と裏

平日は良く晴れてかなり雪解けが進んだ表だったが,
今日は一転,真っ白に.
そんなわけでとりあえず1本滑ってみるも...

mini_140405_1015
(やはり草地が出てくるので..)
あっさりあきらめて裏に移動し,林間に入る.
新雪は10~15cmほど..底はジャリジャリ~ガリガリ.
P1020013
順調に上り,2人組を追い越して北の山頂に.12:10.
新雪だが下地の影響があり過ぎて慎重に下る.

P1020017
あとは林間を放浪しつつ林道落ちに.13:30 本日終了.

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »