« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015/04/29

2015.4.29 栗駒山~東栗駒

例年であれば蔵王(杉ヶ峯付近)か栗駒かで悩むところだが,   
火山性の地震・微動もないにも拘わらず勧告は継続中.   
そんなわけで栗駒,いわかがみ平を目指す.   
DSC_2071
(耕英からの栗駒山)   
9:35いわかがみ平発.   
P1080013   
新湯沢を順調に登るが.   
P1080022
いつものポイントでは雪切れに.   
若干,遠回りの藪漕ぎで体力を消費したものの,   
P1080038   
何とかその後の藪もかわして,山頂下の斜面を登り,   
山頂直下着11:20.   
P1080061
斜面が荒れる前にそそくさと下ろうというわけで,   
休憩もせずに下りに..   
P1080074
とりあえず急斜面は滑りが悪いながらも   
気持ちよく下れたものの,その後は滑らない雪に   
完全にスタック.   
笊森を眺めつつ昼食を取った後,
さらにドゾウ沢方面を目指し,東栗駒の尾根を越えるが,
雪はつながっていない.そんなわけで産女川の左股の
源頭部が非常に良さげに見えて,
P1080083
滑らない雪をスローモーションで下る.それなりに良.
再び東栗駒の尾根に戻り,登山道を歩く.
P1080091
(栗駒山全貌)
しかし左手にドゾウ沢の雪渓らしきものは全く見当たらず,
歩いたまま下降に入るが,東栗駒の雪渓もかなり離れていて,
P1080097
いわかがみ平に戻るのにまた藪漕ぎっぽいので,
あっさりと登山道経由に変更.
安全に下って,新湯沢に降りる.
あとは滑らない雪をひたすら漕いで下るだけ.
P1080100
14:20 いわかがみ平着.16:20仙台着.本日終了.

   
最近,あちこちで滑らない雪,タール,ヤニ,汚れなどと   
報告されているが,こちらも例外なく,板裏はタールがこびりついて
ベタベタに.芽吹いているブナ林を抜けたわけでもなく,
その原因は不明(ネットではPM2.5説も?).   
DSC_2090   
この時期の板の滑りを良くするには,   
灯油で汚れを取るのがよいと昔は言われておりまして..
鱗の間に入り込んだタチの悪いタールを取り除くのに   
苦労しつつ,灯油でのクリーンアップ完了.   
しばらくは雨も降りそうもないので,雪面の汚れが   
流れることもなく,このまま継続しそう.   
そんなわけで,灯油をしみこませた ペーパータオルを
入れてもっていくなど, 対策が必要かと..
(特に鱗族には)

| | コメント (2)

2015/04/27

2015.4.26 御浜

再び鳥海山から登ってくる太陽を眺め,
(経験的には5月1日がベスト)

DSC_2025

今日も朝風呂と朝食とのんびりモードで9:00 県境付近.   
クルマが半端なく多い!そして雪が少なくて,既に   
下の林間は藪化しつつある.
(注)通常のルートはまだ問題なく行けます.
9:20発.藪にひっかりつつ苦労しつつ,いつものコースに乗る.

P1070767
例年だったらシャウシャウのこの時期も,
新雪は無くモチベーションもいまいち上がらない.   
そして既に凹凸が出て鱗の効きも今一つ.ときどき   
空回りしつつ,鉾立コースと合流.御浜の斜面は...   
P1070773   
雪が少ね..既に5月末~6月(?).   
P1070785   
藪越しに新山方面を望む.   
P1070791   
あえて藪こぎを.   
P1070805   
そして鳥の海上から文殊方面.南側は風が強くて,   
稲倉側に廻りこんで昼食に12:00.昼食後,寸断されつつ   
ある御浜の斜面を滑る.   
P1070863   
やはり緩斜面は楽しい.   
P1070922   
登り返しつつ,フィルムのかかったザラメを数本滑り,   
あとはいつもの下降コースへ.   
DSC_2070   
凹凸をかわしつつ気持ちよく滑り,最後は起きてきた木に   
苦労しつつ,クルマの上の雪壁に到着 13:30.   
あぽん経由で最上川を遡上し,18:00仙台着.本日終了.   
(尾花沢新庄道路が1区間伸びて若干の時間短縮が可能.   
尾花沢のファミマには寄れないので買い出し時は要注意)

| | コメント (0)

2015.4.25 金姥

東京での3連夜の飲み会明けで厳しい土曜日.
結局,仙台発12:00.市内で昼食後,関谷を越えて,DSC_1954
(さくらんぼが満開の東根,うっすらと月山が見える)
とりあえず西川から高速に乗り,姥沢に.14:20着.
DSC_1958 
荷物無しでリフトに乗り,山頂駅.15:10着.
金姥直行ルートで山頂着15:45.
DSC_1971
四谷川方面に降りようと思っていたが,
風が強くて日蔭はガビガビに.
結局,日当たりの良い姥ヶ岳~大斜面へ.
DSC_1988
スキー場とは思えないほど人もいなくて好調.
DSC_1992
とりあえず1本滑れたので良いってことで.
例年のごとく,日本海に抜けて
DSC_1996

DSC_2003
雪解けの早い鳥海山を眺め,
P1070609
そして夕日を眺めつつ,遊佐来で迎え酒.本日終了.

| | コメント (0)

2015/04/19

2015.4.19 鍋森(手前)

鳥海遠征と思ったが,   
前日のハイドレーションの漏水事故の影響で,    
結局,月山方面.白土谷沢がまだ渡れるのを確認して,    
8:20 月山第一トンネル発.気になるルートの開拓へ.    
P1070486    
左股のさらに支流の広い谷を登る.    
P1070488 
雪切れ直前の谷頭を越えて尾根に乗る. 
P1070499   
ブナ林の尾根を繋いで高度を上げる.    
急斜面もあるが,他ルートほどのエグさはない.    
ところどころリボンが打ってあるのはモビラー?    
P1070510    
あとは白い尾根に出てのんびり登ると1162m(北沢山)に着く.    
昨日スキーヤーが来た形跡が残る. 
(追記:なんどさん達でした.)   
P1070517    
スノーモービルが四月蠅いが,今日は1グループのみ.   
すぐに降りて行き再び静けさが戻る.   
鍋森へ向けて再びアップダウンを繰り返し、   
鍋森手前のピークに達するが…   
P1070530   
先週のトレースがうっすらと残る鍋森の斜面に,    
何やら黒い物体が.

   

熊が餌を探して徘徊中.しばらく眺めていたが,   
先客に斜面を譲り渡すことにして引き返す. 
(そういえば先週も新鮮な足跡があった.) 
再び1162mに戻り昼食に. 
P1070557    
   
P1070573    
(湯殿山をズームしてみた.人たくさん.)    
あとはほとんど下りのみ.    
P1070563

 

P1070582    
それなりに楽しんで下り、13:00第一トンネル着.   
gps20150419   
13.6km,累積標高差940mで打ち止めに.    
(このルートは登りやすくて良.)

| | コメント (0)

2015/04/18

2015.4.18 Xao

火口周辺に避難勧告が発令されたばかりの蔵王に向かう.
DSC_1903 
(このあたりは範囲外,シャウシャウでした..)
詳細は近日中に..明日はいずこへ?? Zzz.
残りは7H+5Hです.

| | コメント (0)

2015/04/13

2015.4.12 鍋森

6:00 仙台発.関谷を越えて山形盆地に入ると雲が多くて   
不安になるが,月山道路に入るとすっかり雲が切れて   
快晴に.白土谷沢もまだ開いていなくて越えられそうなので,   
予告通りに鍋森コースに決定.   
8:15 月山第一トンネル山形側坑口発.しばらく谷底を登り,   
P1070366   
傾斜の緩そうな斜面を見つけて尾根を目指す.   
上部はかなりエグくて行ったり来たりしながら,   
何とか尾根に上がる.   
DSC_1832   
うっすらとトラックベルト跡が残る尾根を伝って,   
1162mの三角点に直で到達.かなりのショートカット.   
P1070389   
(月山と鳥海山を望む)   
今年もスノーモービルが煩いが,ショートカットが   
功を奏して何とか鉢合わせは免れた模様.   
P1070385   
(押し寄せる大群)
P1070400   
(以東岳を望む)   
引き続き主尾根のアップダウンを繰り返して,11:35鍋森着.   
P1070412   
(鍋森山頂)
P1070396   
(鳥海山)
P1070415   
(月山)    
P1070420   
(湯殿山をズーム.人が多い..)   

さて昼食後,12:10下山開始.   
DSC_1842   
鍋森直下のフィルム気味のザラメを気持ちよく下った後   
再びアップダウンを繰り返して徐々に下る.   
P1070431
(鍋森の斜面)   
P1070440   
(鍋森を振り返る,左から3つめのピークが鍋森)   
平らな尾根の一部はトラックベルトにやられていて,   
ちょっとだけ残念だったが,それもごく一部.   
その後はえぐい斜面をとにかく安全に下る.
(ずらせる雪で良かった)   
P1070449   
(写真ではさほど急には見えないが..)   
最後は沢沿いに下ってトンネル坑口に戻る.   
P1070453   
(坑口下の沢の状態,かなりクラックが目立ってきて   
来週までもつかは??)   
沢の下見に来たという地元の登山者としばらく話をして,   
坑口に帰還13:50(他には誰にも会わなかった).
下道経由で16:30仙台着.   
DSC_1846   
月山ビールで本日終了.(高速代がビールに変わった..)

今回のルート図,移動距離16km,累積標高差1180m.   
map150412   
前々回20km,前回16.7km,そして今回16km.   
徐々に尾根歩きが減って短縮ルートに.   

| | コメント (0)

2015/04/11

2015.4.11 泉谷

朝から雨の土曜日.雨も小降りになった午後,泉谷に.   
DSC_1811-002   
(表もすっかり雪が消えつつある.)   
DSC_1813   
(明日まで営業の泉谷滑雪場)DSC_1821   
(コースにはかろうじて雪がある) 
リフト券の残りは5回.ところどころに圧雪された荒れていない面を楽しみつつ,クリッパーからメイフラワーを滑り,   
4回消化.最後の1本は...   
DSC_1828 
今年,泉ヶ岳では最後(?)の林間に.   
落枝は多いものの雪面は滑りやすく,   
そして雪も切れることなく林道に落ちる.   
DSC_1829 
林道は残念ながら雪切れもあったが,   
スキーを履いたまま突破し,泉谷に戻る.15:10本日終了.   
泉谷は最後ということで...初のクレープで締める.   
残りは0回+0回です.   
明日は好天の予想.今季も鍋森行きたいなあ,..とか..

| | コメント (0)

2015/04/04

2015.4.4 Xao

9:10仙台発.山形蔵王PAで進路に悩むが...
結局,静かなXaoに.10:50黒姫P.11:10Check-IN.
DSC_1744
快晴とガラガラのゲレンデにつられてとりあえず1本. 
P1070280
そして超低速運転のフニテルに乗る.
P1070287
(いよいよ鳥海山の季節も近づいてきた)
久々に熊野の山頂かなと思うも上は風が強くて
あっさり断念していつもの斜面で数本遊ぶ.
DSC_1759
雪質はめまぐるしく変わるが,P1070314
下部はきもちよいザラメ.
DSC_1787
谷で昼食の後,再び登り返し..
DSC_1790
もう山頂部は雪が切れていてスキーを外し,
踏み抜きながら斜面に出て,久々に蔵王沢側に降りる.
こんなに急だったけな..と慎重に横滑りで下り,
P1070331
何とかベンチ(まだ埋まっている)まで.
DSC_1799
あとはストップ雪+湿り雪で転倒を繰り返しながら
林間を伝ってゲレンデに乗り,15:00P,仙台着17:00.
夜,皆既月食を望む.
P1070335
本日終了.残りは7H+7Hです.

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »