« 2015.5.6 祓川 | トップページ | 2015.5.10 七ツ釜 »

2015/05/09

2015.5.9 姥裏

鳥海山と思っていたが,何ともメリハリのない天気図に
モチベーションも上がらず,結局,月山方面に.旧月山荘の駐車場で準備をしてウェア(アウター)を忘れたことに気づく.
久々にバス(9:25)に乗る.乗客は1人.
P1080298
姥沢でスキーキャリーサービスなど使って楽をしつつ,
リフトに乗り上駅着.
P1080311
ここからとりあえず姥に登る.
P1080314
そして金姥にも.
P1080323
(金姥山頂から月山)
P1080324
(柴灯森の斜面を滑るボーダー)
とりあえず装束場へのルートが繋がっていることを確認し,
一度,縦溝の浅いところを選んでボウルの底に落ちる.
P1080329
気持ちよくて止まれずについつい下り過ぎる.
金姥~柴灯森のコルまで登り返し,
P1080336
裏面に入る.トラバースして裏面を少しだけ登り,
P1080342
装束場に落ちる.凹凸も少なくそれなりに良.
P1080346
(姥裏の斜面)
昼食後,石跳沢を下るが,溝も多く,厳しい状況.
P1080352
そして既に沢が開いており,スキーを持っての石跳が必要.
P1080356
広くなったところで一時的に気持ちよく滑れるが,
P1080359
ブナ林に入るとブナの油で滑らなくなる.
一度だけ油をはがしてみるもすぐに吸着するので,
あきらめてズリズリ下り,ネイチャーセンターにたどり着く.このころからぱらついていた雨がやや本降りに.
(ウェアを忘れたときに限って雨が降らなくても..)
道路を跨いで再び雪上に乗り,何とか月山荘前のバス停につなぐ.余裕と思っていたが,下りで時間を取られ,14:00P着.

P.S.
帰宅後,タール除去にいろいろ試す.
DSC_2255
フィニッシュラインの自転車用ディグリーザー(大豆溶剤)が
良好.今回の油はブナ起源だが,他地域のタールは??

|

« 2015.5.6 祓川 | トップページ | 2015.5.10 七ツ釜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015.5.6 祓川 | トップページ | 2015.5.10 七ツ釜 »