« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016/05/29

2016.5.29 祓川

出張疲れで出遅れて6:00仙台発.   
DSC_5289   
(貝沢も田植えが進む)   
9:35祓川P発.    
P1120421    
やぶ漕ぎが面倒なので,最初からスキーをぶら下げて,    
夏道のタッチラ坂を登り,雪渓に乗る.    
日差しは強いが,雪上の風は爽やかで,比較的順調に登る.    
P1120423

 

P1120428    
12:00.1850m付近で昼食休憩.    
P1120430    
昼食後も順調に上がって13:30外輪山着.    
P1120439    
(今日はalpina板で..)    
P1120443    
(新山と七高山の間に象潟を望む)    
さて下り.いつもの斜面も縦溝っぽいので,    
素直に東斜面から程よい斜面をつなぎながら大雪路に.    
P1120470    
七ツ釜の修行は横滑りで切り抜けて,
P1120476    
その後の凹凸も柔らかめなので,それなりに楽しく下る.    
P1120480    
祓川上の斜面も今日は良好.テレマークターンで締めて,    
15:00 Pに戻る.18:50仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2016.5.28 空から望む鳥海山

P1120403-001

| | コメント (0)

2016/05/22

2016.5.22 大雪城

好天が続き,休養も許されず.3連荘.
6:10仙台発.運転負荷も少ない月山に向かう.
DSC_5238
姥沢に着くと大混雑の様相.
DSC_5241

P1120225
8:15姥沢発.90年代を思い出させる賑やかさ.
それでも時間も早かったので,
リフトはすんなり乗れて山頂駅に.
P1120227
縦溝の発達する金姥のトラバースを終えて,
とりあえず尾根を一本滑ったのち,そのまま牛首を目指す.
P1120232
そして雪渓端まで登り,
P1120234
板を背負って山頂を目指す.
P1120239
10:55山頂着.残念ながら霞んでいて見えず.
ここから南に進路を向けて,東斜面から大雪城方面へ.
どこまでも広くて緩やかな大雪原が広がる.
P1120271
とりあえず1816mの三角点付近まで滑って昼食にする.
ブヨがほとんどいないのはGOOD.
DSC_5248
(かわりにテントウムシが..)
昼食後,平滑斜面とヤワラカザラメを選んで3本ほど滑り,
P1120262
再び山頂を目指す.
P1120274
(大雪城を登る人)
P1120282
(晴れときどきガスに)
登山道を慎重に下り,牛首上の雪渓に乗る.
P1120284
溝の少ない斜面を好んで滑ったり,登ったりを繰り返し,
P1120287
リフト上に戻る.あとは久々の沢コース.
P1120290 
スキー場並み(?)の混雑が..
ザクザクを何とか下り,15:00姥沢に戻る.
高速経由で17:00仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2016/05/21

2016.5.21 祓川

朝風呂から今日のコースを思案し..   
P1120120   
今季初の祓川.8:15発.   
P1120122   
今日も好天かと思えば..   
P1120124   
いつの間にか山頂もガスに.暑くはないのは救い.   
七ツ釜小屋下の急登を何とかこなし.   
P1120125   
縦溝にスリップを繰り返しつつ,高度を上げる.   
P1120129   
昨日の拠点の大清水園地を望む.そして昨日の終着点へ.   
P1120133   
急斜面を何とか登り切り,久々に虫穴岩下に到着.12:10.   
P1120141   
とりあえず写真を撮って..   
P1120139   
風も強いのですぐ下りに入る.   
P1120142   
そしてフラット斜面に...上部は若干固めだが,   
下部は最高のフカフカザラメ..   
P1120190   
あっと言う間に下り切り,昼食に.   
P1120200   
(なんどさんたちも降りてきました.)   
昼食・歓談の後,なんどさんらと別れて,下りに入る.   
フラット斜面が出てくるたびに滑ってたら,..   
P1120213   
ついつい下りすぎ..藪も越えられずに登り返しになる.   
コース復帰後,七ツ釜小屋下の急斜面を無難に滑り,   
P1120214   
(今年の七ツ釜の斜面は急..)   
深い縦溝の発達した斜面を慎重に下る.   
P1120216   
あとは登山道を跨いで,P1120223   
急斜面を落とされる前に駆け抜けて,   
P1120224   
湿原に戻る.15:00.新装された祓川ヒュッテ前で   
板を洗い,本日終了.18:50仙台着.

| | コメント (0)

2016/05/20

2016.5.20 百宅口

代休モードで仙台発5:20.久々に百宅口に向かう.   
DSC_5165    
洗掘された橋はすっかり完治していて,   
DSC_5168   
久々(3年ぶり)の百宅口8:50.   
DSC_5209   
9:00発.登山道近くを通って尾根筋に上がる.   
尾根に上がると何とか雪がつながっている.   
P1120068   
予想外に雪があるなあと登るものの,   
大倉滝あたりで雪切れし,藪漕ぎになる.   
赤沢川も滝側も    雪渓に載るには藪こぎ必至.   
P1120070   
(大倉の上から..いつもはここも雪原のはずが.)   
結局,登山道に逃げる. 高速道路の木道を抜けて,   
P1120072   
やっとで雪渓に乗るが, 時はすでに11時近く.   
先行き不安.その上, 上部もところどころ切れている.   
屏風岩の下で板を外さず薮越えに足掻いて いたら,   
昨日から唐獅子入りしていたボーダーに会う.   
お互いに迷わず下りましょう..と会話を交わし,   
それぞれの道へ.(ストラップ拾ってもらって,   
ありがとうございました.)   
暑さと蚋にあえぎつつ,やっとで唐獅子小屋付近13:00.   
P1120079   
唐獅子エスケープ路でようやく昼食に.   
昼食後,山頂を目指すが,さすがに14:30でタイムアップ.   
P1120083 
2000m付近から溝無しのさくさくザラメを1本.   
DSC_5179   
(登る山スキーヤーが一人) 
あとは深い縦溝とその後の凹凸に苦労しつつ,   
DSC_5184   
夏道の出口に下る.   
DSC_5185   
時間も遅くなったので,無難に板を担いで夏道を下る.   
DSC_5188   
ずるずるの登山道で滑って尻もちをついたりしつつ,   
DSC_5195   
ブヨの待つ大清水園地に戻る.16:00.   
天寿にやられて本日終了.

| | コメント (0)

2016/05/15

2016.5.15 湯の台

5:15仙台発.
吹浦にするか湯の台にするか悩みつつ,   
鳥海山に見入っていたら....
DSC_5126   
新庄のJCTを通り過ぎてしまい,必然的に湯の台に.   
雪解けも進み,荒木沢も最初のヘアピンも越えて,   
920m付近,鶴間池への登山(下山?)道からスタート.   
P1120001   
雪は既にとぎれとぎれ,ところどころ踏み抜いたり,
法面を這い上がるのに苦労したりしつつ,   
高度を上げて,車道終点付近.ほとんど風もなくなり暑い.   
P1120003   
ここから板を履き,マタフリ沢を登って河原宿の上で小休止.   
DSC_5139   
ようやく河原宿小屋の屋根が出てきたが,
既に 河原宿とは切れていてコースのバラエティに乏しい.
P1120019
先行のグループを抜いて12:00ちょうどにいつもの岩の上着.
昼食後,藪越えをして文殊下の斜面に出る.
P1120023
もう既に文殊側とは切れているが,文殊の上の
外輪には繋がっている.
縦溝の急斜面をジグを切って登り13:00 外輪着.
DSC_5141-PANO
やっぱり雪は少なめ.既に鳥海湖は湖面が出始めていた.
写真を撮っただけで,急斜面を無難に下り,
P1120048
再び藪を超えて斜面に復帰.
P1120051
小雪渓の斜面は気持ちよく下って,
P1120055
そしてマタフリ沢のサクサクザラメも心地よく,
車道終点に戻る. ここから懸案の林間だが,
林間の雪も柔らかめで,
P1120058
林間を滑ったり,ところどころで車道を歩いたりしつつ,
P1120061
14:45 クルマに戻る.
DSC_5148
17:50 仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2016/05/09

2016.5.8 猿倉口

5:40仙台発.風が強そうなので猿倉口から..9:00P発.    
P5080001
   
(最終板のライトテレインを出してみる.)   
P5080007   
静かな猿倉を期待したが,   
DSC_5105   
スノーモービルでのスキーツアーがかなり上まで入り込み,   
五月蠅い.1700mを越えると平和になるが,   
相変わらず風が強い.   
P5080017   
(百宅園地はまだ雪の下)   
東斜面は風もないかと期待するが,逆の風が入り込み,   
クラスティ度が高まり,2040mで登るのをやめて下りに.   
P5080029   
谷底にはまだ柔雪が残っていて良かったが,   
板の選択を間違えた感が.   
昼食後,再び上を目指すが,   
カチカチエリアに入り込み冷や汗をかく.   
そして雪面も風にさらされてさらにクラスティに.   
結局,途中から下りに入る.   
P5080039   
ところどころよさげなザラメを食べつつ,   
そしてところどころクラストにも苦労しつつ,下る.   
P5080047   
(ボーダーが天然パイプで撮影中)   
下界は柔雪で快適に下り,   
P5080051   
15:40 熊の森に戻る.19:10仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2016/05/06

2016.5.6 月山

飛び石連休のハザマ.
代休・有休の消化に久々の職場スキー(月山編).
9:55 姥沢P発.
DSC_5074 

DSC_5077

P1110009

P1110033

P1110076

P1110097

P1110125

P1110149

P1110156

P1110174

DSC_5089
金姥,牛首,姥ヶ岳と渡り歩いて14:30.
久々に大江経由で仙台着19:00.本日終了.残りは3回です.

| | コメント (0)

2016/05/04

2016.5.3 硫黄岳

前夜の飲み会も何とかハイボールで乗り切って7:00仙台発.
しかし前沢で事故通行止.金成で降りて北上川左岸ルートで
水沢から高速に乗るも1時間半のロスタイム.12:00酸ヶ湯着.
到着が遅れた影響でいつもは3人の八甲田ツアーも2人に.
12:30酸ヶ湯発.
DSC_5057
地獄谷を越えて,硫黄岳コースを昼食をとりつつ登る.
P5030592
何とか雪も繋がっていて,硫黄岳に到着.14:40.P5030595
東面は風が強くて雪面はガビガビに.
そのため無難に尾根筋を降りる.
P1100173
西面の樹林帯はところどころ柔雪で,
P1100196
それなりに楽しんで下って,
P1100224
あっと言う間に酸ヶ湯に到着15:30.
トゲクリガニで本日終了.

| | コメント (0)

2016/05/01

2016.4.30 大平から

7:00 仙台発.出遅れ感があったが,
前夜からの雪で10時開通との情報.ちょうどよい頃合いに.
DSC_5009
(それにしても雪が少ない)
しかし県境まで行かせてもらえず,大平で通行止.
11:00 大平・中ノ宮発.
道路をショートカットして,吹浦口の入り口付近.
懸案の雪壁にはステップが切ってあって余裕で登れた.
P4300469
そして藪を抜けて県境口側を登る.
DSC_5012
(鉾立方面.こっちも例年になくかなり藪っぽい)
DSC_5013
新雪を気持ちよく登り,
P1100030
とりあえず鉾立口からの稜線まで登る.
P4300490
(新板+Vipecに苦労する同行者.スリップして前に転ぶと,
前方転倒のリリース機構が働くという罠で
危うくスキーを流しかける.流れ止め必須か.)
P4300495
(御浜方面,ガスが切れない)

稜線は風も強く,雲も切れそうもないので,
今日はここで終わりと決めて下りに.13:10.
P4300501 
うっすらと新雪の載った斜面を気持ちよく下る.
P1100033a



DSC_5018
(秋葉原のラジオセンターで入手した新しいガラクタ)

風が弱くなったところで昼食後,もう一本.
このころにはガスもなかなか明けなくなり,
視界が開けたスキをついて下る.
尾根から降りると,曇天ながらもようやくガスが明ける.
P1100099
湿った柔雪を気持ちよく滑り,
DSC_5022
藪抜けも面倒なので県境口まで降りる.
DSC_5026
(道路の雪はすっかり融けていた.)
道路をしばらく歩いた後,再び雪上に乗り,
ブナ林を抜けて,中ノ宮に戻る.14:50.
DSC_5027
夜..杉勇に酔う.本日終了.

[おまけ]翌日は雨のため,結局,観光となりました.
P5010544
(大物忌神社) 
P5010575-001
(小野曽)
DSC_5048
(花鳥風月)

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »