ちょーかい

2016/07/25

2016.7.24 心字雪渓

先週でシーズン終了宣言をしたつもりが,
週末の好天と昨日目にした鳥海山に誘われて4:30仙台発.
DSC_5909
7:30車道終点着.最近,革靴での下りで爪がやばめなので,
革靴を担いで登り始めるが,八丁坂の登りでずっしりと
重さが応える.暑さとともにペースダウンしつつ,河原宿に.
DSC_5914
(久々にガスもなくて山頂までくっきり望める)
そのまま雪渓に乗るが,荷物の重さの耐えかねて,
革靴+スキーを履いて鱗で登り始める.これで調子を取り戻し,ようやく小雪渓着.先客1名(群馬のテレマーカ).
DSC_5929
さっきまで晴れていたのが急にガスっぽくなり,
とりあえずは昼食に.昼食後,滑り始めるが,
登山者も多かったりで気兼ねしたりしつつ,
転倒しながら3本ほど滑り,下山モード.
大雪渓は今日も柔らかめ.無難に下って雪渓端に到着.
DSC_5940
(そして再び板を洗う..)
あとは登山靴に履き替えて,今日の下りは余裕と思いきや,
油断しすぎて思わぬ転倒をしたりしつつ,14:30車道に戻る.
P1120866
今日は登っている途中は”がっさん”が捜索に来たり,
P1120893
下っている途中は”もがみ”が救助(?)に来たり,
レンジャーが登ってきたりで今日も騒がしい鳥海でした.
DSC_5948
(鳥海山を振り返る.また来年!)
久々に最上川遡上ルートで,
DSC_5950
18:30仙台着.本日終了.
そして今度こそ,今シーズンもいよいよ終了.

| | コメント (0)

2016/07/16

2016.7.16 心字雪渓

前日の東京での飲み会が終電(金曜の終電は遅い)となり,
自宅着は0:20過ぎ.早起きはしたものの結局出られず,
仙台発7:00.車道終点10:00着.10:25P発. 
P1120798 
(滝の小屋裏の雪渓もかなり小さくなった)
蒸し暑くてヘロヘロになりつつ,八丁坂を登る.P1120800
団体がいて,河原宿での小休止もできず,
さらに上に向けてだらだらと登る.
P1120810
時折,見える小雪渓には滑っている人も..
P1120821
大雪渓の途中から夏道に乗り,13:00小雪渓下端着.
雨がぱらつき始める中,とりあえず昼食に.
DSC_5820
(前回は祓川で会った岩手の女性ボーダー)
昼食後,とりあえずは小雪渓上端まで登る.
DSC_5822
(上端)
DSC_5824
雪はトロけていて柔らかめ.結構,気持ちよく滑れる.
ただガスが徐々に深まる傾向で,結局,上部を3本滑って,
あとは素直に降りる.その後,登山道をまたいで,
大雪渓に乗り,ガスが切れない中を無難に下る.
DSC_5830
河原宿で板を洗ったのち,登山道をたらたらと下り,
16:10 車道終点Pに戻る.19:30仙台着.本日終了.
そして今シーズンのスキーもこれにて終了.
(今年はこのままフェードアウトかと思ったが,
締めることができて良かった)

| | コメント (0)

2016/07/01

2016.7.1 心字雪渓

6月末の締切ラッシュを何とか越えて
代休モードで6:00 仙台溌.9:55 車道終点溌.
予報では好天だったが,残念ながら小雨が降るほど
天気は冴えない.
DSC_5604
八丁坂をたらたらと上り,河原宿で小休止.
板を担いだまま心字雪渓に乗り,
DSC_5606
(大雪渓から河原宿を見下ろす)
DSC_5610
一瞬ガスが明けると夏道の入り口が見えたので,
ショートカットの夏道に乗り,小雪渓に.
(まだ大雪渓と小雪渓はつながっている)
ガスの中を登り,12:50雪渓上端付近に到着.
岩の上で昼食をとる.昼食後,とりあえず最上端まで登るが,
ガスに加えて小雨が降り始め,一時休止.
雨はやめどガスは明けないので,あきらめて下る
DSC_5615 
小雪渓中盤はまだ何とかテレマークターンのできるくらいに
柔らかな部分があったので,3本ほど滑る.
その後,下を目指してガタガタ下るが,最後に尖った凹凸に
やられて大転倒.何とか雪渓端に降りる.
DSC_5624
あと長い長い登山道歩き.
DSC_5625
(河原宿で板を洗う)
約1.5Hで車道終点に戻る.
DSC_5632
(ニッコウキスゲが咲く)
DSC_5634
(鳥海山を振り返る.結局,上部の雲は取れず.)
夜,庄内の酒に酔いながら記録を書く.本日終了.
DSC_5635 
もうそろそろシーズン終了の気配が..

| | コメント (0)

2016/06/20

2016.6.19 祓川

どこに行くかと思いあぐねた結果,最終的に祓川に.   
暑くなる前に登りたいということで3:00仙台発.
DSC_5563
5:45祓川P.6:05祓川発.
DSC_5566
ザックに板をつけてタッチラ坂を登る.   
P1120671
雪解けもかなり進み,ところどころ途切れていて,
七ツ釜下で板を履くのをあきらめて,軽アイゼンに.   
P1120673
氷の薬師上は喉も切れていて2か所で登山道に乗る.
P1120677
そして舎利坂で登山道を越えて休憩に.

ここから板を履き,雪をたどって東面に向かい,
岩を降りて,いつもの斜面下.   
P1120681   
ジグって登り,雪渓上端.9:40.   
P1120682   
百宅口の登山道を登って今季初の山頂に立つ.
P1120692   

P1120716
外輪山から雪渓を見下ろす.(かなり遠くなりました)   
さて下り,フラットな斜面も残っていて,   
登り返したり,急斜面で転倒して滑落したりしつつ,   
P1120726   
再び岩を越えて七高山エリアに.   
DSC_5577   
(山スキーヤーと女性ボーダーが下ってきた)   
ここもフラット斜面が残っていて,ザックを置いて,   
再び登る.   
DSC_5585   
上端から滑ったのち,ザックを回収して,   
登り返したり,滑ったりしつつ,舎利坂に戻る.   
途中で昼食の後,試練の下り(?).   
懸案だったが,予想以上に雪がトロけていて,   
先週よりはかなり良好.ターンをしながら順調に下る.   
DSC_5589   
七ツ釜下もずるずると無難に降りて,
あっと言う間に登山道に戻る.   
DSC_5594   
ヒュッテ前で板を洗って,祓川Pに戻る.14:00.   
矢島で酒を仕入れて,帰路,鬼首を越えてヤマセに突入.
久々に高速も使って17:40霧雨の仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2016/06/12

2016.6.12 祓川

5:00仙台発.途中では,
まだ上に雲がかかっていた程度だったが,
DSC_5506
天気も下り坂で雲がどんどん増える.7:40祓川着.7:55発.
DSC_5508
タッチラ坂を登り,雪上に乗り,
氷が出てきた七ツ釜小屋下の斜面も何とか鱗でこなす.
DSC_5518
そして大雪路まで登ると,また晴れの領域が広がってきた.
氷の薬師の上でルートミスで板を脱いだついでに休憩を.
そして喉を越えて舎利坂に.
DSC_5521
(喉はつながっている)
DSC_5522
(舎利坂は切れそう)
ここから七高山を目指すが,
P1120641
(七高山下の斜面を下るテレマーカー)
天候も下り坂なので七高山往復でいいかな..と
思っていたが,七高山直下の急な凹凸斜面に萎えて,
(途中で先週も会った3ピンのテレマーカーに会う)
一旦,下った後に,雪をつないで,いつもの外輪山に.
P1120646
11:50.かなり雲が多くなってきたが,体力切れで昼食に.
昼食後,ガスが明けるのを待って斜面を下る.
P1120649
雪は硬めだがフラットで気持ち良い.
P1120653
そしてあっと言う間に抜け穴に到着.
ここからもフラット斜面が残っていて,
そのまま斜面を降りたいところだが,
トラバースして喉を下る.
大雪路の下からは修行もきつくなり,
DSC_5540
七ツ釜小屋下の斜面も横滑りでこなして
(御田にいた登山者から拍手された.)登山道に戻る.
そして神社上もずるずると降りて祓川ヒュッテ着.
DSC_5541
(すっかり雲に覆われた鳥海山)
板を洗ってPに戻る13:40.17:00仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2016/06/05

2016.6.5 祓川

6:00仙台発.9:15祓川P着.
閑散(クルマは10台位).9:30P発.
P1120533
(写真を撮ろうと思ったら,ガスにまかれる)
途中で登山道から降りて藪抜けして雪上に乗る.
P1120534
(振り返ると雲海)
七ツ釜小屋上で雪が切れていた以外は順調に登って,
東斜面側の接続口を確認.何とか板を脱がずに抜けれた.
P1120546
(左は沢が出ているが,右が何とかつながっている.)
そのまま七高山下の斜面を登り,
P1120548
(右端に溜まる新雪を踏みながら登る)
12:30 2000m付近で昼食に.
昼食後,七高山を目指すが,七高山直下の急斜面よりも
新雪のうっすらと乗る斜面に気を取られ,雪を詰めて
とりあえず一本滑る.
P1120555
そして結局,そのまま,いつもの外輪山に.
P1120559

DSC_5428
さて下りは..
新雪が降ったおかげで縦溝もクラックも埋まりフラットに.
P1120565
新雪交じりの斜面を気持ちよく下り,
DSC_5436
2000mを過ぎてもまだ調子よく,P1120583
そのまま東斜面の出口に至る.
P1120587
(東斜面を振り返る.今シーズンの東斜面は終わりかも)
大雪路も縦溝に悩まされることなく,気持ちよく,
P1120591
(フラットな斜面)
P1120593
七ツ釜小屋から下の斜面の凹凸もかなり減って,
ターンができる程度に改善.あとは藪抜けルートに入り,
再び藪を抜ける.
P1120595
(藪抜けの下の方が木が起きてきてもうそろそろ限界かも.)
神社上の斜面を滑ろうとしていたら,クロカン(?)の
テレマーカーに追いつかれる.あとは無難に下り,
ヒュッテ前で板を洗ってPに戻る.15:25.
DSC_5446
(鳥海山を振り返る.静かな鳥海でした.)
日本酒を仕入れたりしつつ18:55仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2016/05/29

2016.5.29 祓川

出張疲れで出遅れて6:00仙台発.   
DSC_5289   
(貝沢も田植えが進む)   
9:35祓川P発.    
P1120421    
やぶ漕ぎが面倒なので,最初からスキーをぶら下げて,    
夏道のタッチラ坂を登り,雪渓に乗る.    
日差しは強いが,雪上の風は爽やかで,比較的順調に登る.    
P1120423

 

P1120428    
12:00.1850m付近で昼食休憩.    
P1120430    
昼食後も順調に上がって13:30外輪山着.    
P1120439    
(今日はalpina板で..)    
P1120443    
(新山と七高山の間に象潟を望む)    
さて下り.いつもの斜面も縦溝っぽいので,    
素直に東斜面から程よい斜面をつなぎながら大雪路に.    
P1120470    
七ツ釜の修行は横滑りで切り抜けて,
P1120476    
その後の凹凸も柔らかめなので,それなりに楽しく下る.    
P1120480    
祓川上の斜面も今日は良好.テレマークターンで締めて,    
15:00 Pに戻る.18:50仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2016.5.28 空から望む鳥海山

P1120403-001

| | コメント (0)

2016/05/21

2016.5.21 祓川

朝風呂から今日のコースを思案し..   
P1120120   
今季初の祓川.8:15発.   
P1120122   
今日も好天かと思えば..   
P1120124   
いつの間にか山頂もガスに.暑くはないのは救い.   
七ツ釜小屋下の急登を何とかこなし.   
P1120125   
縦溝にスリップを繰り返しつつ,高度を上げる.   
P1120129   
昨日の拠点の大清水園地を望む.そして昨日の終着点へ.   
P1120133   
急斜面を何とか登り切り,久々に虫穴岩下に到着.12:10.   
P1120141   
とりあえず写真を撮って..   
P1120139   
風も強いのですぐ下りに入る.   
P1120142   
そしてフラット斜面に...上部は若干固めだが,   
下部は最高のフカフカザラメ..   
P1120190   
あっと言う間に下り切り,昼食に.   
P1120200   
(なんどさんたちも降りてきました.)   
昼食・歓談の後,なんどさんらと別れて,下りに入る.   
フラット斜面が出てくるたびに滑ってたら,..   
P1120213   
ついつい下りすぎ..藪も越えられずに登り返しになる.   
コース復帰後,七ツ釜小屋下の急斜面を無難に滑り,   
P1120214   
(今年の七ツ釜の斜面は急..)   
深い縦溝の発達した斜面を慎重に下る.   
P1120216   
あとは登山道を跨いで,P1120223   
急斜面を落とされる前に駆け抜けて,   
P1120224   
湿原に戻る.15:00.新装された祓川ヒュッテ前で   
板を洗い,本日終了.18:50仙台着.

| | コメント (0)

2016/05/20

2016.5.20 百宅口

代休モードで仙台発5:20.久々に百宅口に向かう.   
DSC_5165    
洗掘された橋はすっかり完治していて,   
DSC_5168   
久々(3年ぶり)の百宅口8:50.   
DSC_5209   
9:00発.登山道近くを通って尾根筋に上がる.   
尾根に上がると何とか雪がつながっている.   
P1120068   
予想外に雪があるなあと登るものの,   
大倉滝あたりで雪切れし,藪漕ぎになる.   
赤沢川も滝側も    雪渓に載るには藪こぎ必至.   
P1120070   
(大倉の上から..いつもはここも雪原のはずが.)   
結局,登山道に逃げる. 高速道路の木道を抜けて,   
P1120072   
やっとで雪渓に乗るが, 時はすでに11時近く.   
先行き不安.その上, 上部もところどころ切れている.   
屏風岩の下で板を外さず薮越えに足掻いて いたら,   
昨日から唐獅子入りしていたボーダーに会う.   
お互いに迷わず下りましょう..と会話を交わし,   
それぞれの道へ.(ストラップ拾ってもらって,   
ありがとうございました.)   
暑さと蚋にあえぎつつ,やっとで唐獅子小屋付近13:00.   
P1120079   
唐獅子エスケープ路でようやく昼食に.   
昼食後,山頂を目指すが,さすがに14:30でタイムアップ.   
P1120083 
2000m付近から溝無しのさくさくザラメを1本.   
DSC_5179   
(登る山スキーヤーが一人) 
あとは深い縦溝とその後の凹凸に苦労しつつ,   
DSC_5184   
夏道の出口に下る.   
DSC_5185   
時間も遅くなったので,無難に板を担いで夏道を下る.   
DSC_5188   
ずるずるの登山道で滑って尻もちをついたりしつつ,   
DSC_5195   
ブヨの待つ大清水園地に戻る.16:00.   
天寿にやられて本日終了.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧