スキー

2018/06/19

2018.6.19 金姥

代休モードでノコノコと月山に.10:00姥沢P.   
P1030007   
リフトはすっかり夏山モード.リフト上でガスにまかれて   
彷徨になるが,いつの間にか晴れてきて,   
P1030019   
月山も全開に.   
P1030020   
とりあえず金姥まで登り,雲の間に鳥海山を見つける.   
P1030044   
(湯の台の雪渓も切れ切れな感じ..)   
金姥の下りはかなり凹凸が目立つが,何とか滑れる.   
P1030052   
凹凸の少なめな斜面で数本滑って昼食.   
昼食後,ところどころで滑りながら姥ヶ岳に.   
P1030062   
上部はフラットで滑りやすかったが,
P1030072   
下部はコブ.安全策でコブの尾根をずるずると横滑りで下る.   
P1030077   
最後の急斜面も滑落せずに済み(これを見越して太板に),   
P1030078   
沢筋に道路まで下る.14:20姥沢P着.   
水沢温泉経由で仙台に戻る.本日終了.残りは0回です.

| | コメント (0)

2018/06/11

2018.6.10 祓川

4:50仙台発.ライブカメラではどこも晴れ.迷った挙句,
北に進路を取る.
20180610_072855
(貝沢からの鳥海山)
7:55祓川P着.8:10発.
P1020931
木道を渡る.
P1020935
SKEATSなる新兵器(軽アイゼン)も試してみたが,
鱗のトラクションが減り,逆効果.
(つける場所を工夫すれば何とかなる??)
P1020938
今日も風がなく猛暑の七ツ釜下の急斜面.きつかった.
ここを抜けると強風が始まる.それととも雲も.
P1020940
ガスが出始めるあたりで,先行していた
テレマーカカップルが下ってきた.
P1020948
良さげな斜面を見つけた2000m付近.ガスも明けないので,
2040mであきらめて下る(今季,外輪山まで到達せず)
P1020960
ガスの中,気持ちよいフラット斜面につられて
下る方向を誤り登り返したりしつつ,帰路に着く.
途中の風除けエリアで昼食の後,
七ツ釜下のがたがた斜面を苦労して下る.
P1020966
ようやく役者もそろってきたが..
P1020968
既に今シーズンの終わりも近い.
P1020975
(山頂が晴れているのは祓川方面だけ)
祓川P13:30着.早く上がったにもかかわらず,
ガソリンを入れ忘れていた影響で矢島に下り,
ついでに人間用のガソリンとタケノコを仕入れつつ
帰途につく.17:30仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2018/06/04

2018.6.2 百宅口

仙台発5:00.どこに行くか悩んだ挙句,人気を避けて,
百宅口に招かれる.8:20 板を担ぎ出発.
20180602_080810
いつの間にかなくなった旧小屋裏から,すぐに雪が
つながっていて,今年が雪多いんじゃね..と思ったが,
20180602_082618
尾根沿いの雪渓もあえなく大倉滝付近で途絶え,
後ろから追って来た山形ナンバーのテレマーカとともに,
藪漕ぎせずに後戻り.
20180602_094452
大倉滝の上も朱ノ又,赤沢のどちらの雪渓にも降りれずに,
結局,夏道を板を担いで登る.
20180602_094627
そして結局,いつもの1200m付近で板を履く.
既に暑さでヘロヘロでペースが全く上がらない.
20180602_114553
ここから先はぎりぎりな感じで雪は繋がっていて,
右往左往しながらも,登山道跨ぎまで到着.
20180602_120245
唐獅子バイパスルートに入り,12:00過ぎに昼食休憩.
このあたりからは風も出てきて涼しくなり,蚋も一掃.
昼食後はペースアップして登るものの,時間は過ぎて,
14:00 1960m付近でタイムアップ.ゆるゆる斜面を
視察するも雪は小凹凸が多くて気持ちよくなさそう.
20180602_140516 
そんなわけで目前の急なフラット斜面から下りに入る.
20180602_141646
(この斜面は気持ちよかった) 20180602_141832
(鳥海山を振り返る.今年は外輪山が遠い)
途中の斜面も凹凸は多いが,日射でかなり緩んでいて
結構気持ちよく下れる.
20180602_143441
ところどころで下り過ぎて登り返したりしつつ,
登山道に帰還.園地近くでショートカットをしくじり,
藪漕ぎをしたりしつつ,16:20 園地に戻る.
 20180602_162200
蚋に追われるがまま,そそくさと退散.道の駅で
ようやく靴を脱ぐ.19:30仙台着.本日終了.
※久々に蚋にやられた.耳までも.大清水の蚋は強い.

| | コメント (0)

2018/05/28

2018.5.27 金姥

早起きはしたものの,微妙な天気にライブカメラに思い悩み,
結局6:30仙台発で月山に向かう.何とかぎりぎりで
姥沢駐車場に入れてもらえて一安心.9:05P発.
P1020507
リフト待ちも10分位で9:45上駅着.
今日はバンクドスラロームでにぎやかな姥ヶ岳.
P1020513
いつものコースで金姥を目指すが,
P1020515
みるみるガスがやってきて,金姥の上はこんな感じに.
(東斜面の夢はここで絶たれる..)
P1020529
(金姥を下るテレマーカ)
しばしガス明け待ちをするが,一向に明けないので,
素直に下る.直前まで天気が良かったせいか,
意外に雪は柔らかくて良好.
P1020535
下部は視界も良好.所々で登ったり下ったりしながら,
P1020553
(こんなフラット斜面も.昨日の鳥海山より雪は良かった)
P1020557
沢を下る.たださすがにもう終わりな感じで,P1020558
最後は姥沢小屋への出口を探すのに苦労した.
(タイミング悪く,もがみ(ヘリ) がやってきて,
上空を旋回されて遭難者と間違われたかと思った.)
P1020559
とりあえず気持ちよく下れたということで小満足.
姥沢P12:15.月山湖岸で昼食をとったり,
20180527_133114
タケノコを入手したりしつつ,仙台着15:40.本日終了.
残りは1回です.

| | コメント (0)

2018/05/27

2018.5.26 御浜

東京での飲み会明けで起きれず,
近場の月山を目指すが..
志津で敢え無く「姥沢は満車でバスで」と勧告されてUターン.9:00.
トンネルから登る?とか考えているうちに,
雪もかなり消えていて,月山道路を越えて,
結局,鳥海山に.11:00駐車帯発.      
P1020407

林間1分歩けば,あとは雪は繋がっていて,   
P1020408    
(沈水している象潟を望む)    
暑さと疲れでだらだらと登ると鳥海山が顔を出す.    
P1020422    
御浜方向は雪がかなり少なくなっているので,    
安全側の笙が岳方面へ.    
P1020425    
笙が岳着 13:00.   
P1020431   
(池塘が顔を出す)   
20180526_130400   
今日の目的地だった月山を遠くに望みながら
のんびりと昼食をとったのち,御浜まで.   
P1020439   
(鳥海山を望む.かなり雪は解けた)   
P1020453   
(ピグモンと日本海)   
P1020452   
(月山をズーム)   
P1020463   
(鳥海湖に下るスキーヤー.もうそろそろ終わりかも)
P1020471
(雪は新雪の影響もありかなり微妙な...)
御浜の裏の雪渓が遠くて,雪も切れ切れなので,
笙が岳に再び登ったのちに素直に下る.
P1020502
(飛島を望む)
P1020504
林間を歩いて下り,Pに戻る.15:25.
20180526_160030
(遊佐から鳥海山を望む)
最上川を遡り,仙台着18:50.本日終了.   

| | コメント (0)

2018/05/22

2018.5.21 柴灯森

久々の代休(とはいえ時間制限あり)モードで   
月山に.10:20姥沢P発.    
金姥直行コースでコルに着くが,天気も良いので    
久々に姥ヶ岳山頂に行ってみる.    
P1020302

 

20180521_112444    
(朝日連峰を望む)    
今日は空気が澄んでいて鳥海山もくっきり.    
P1020314

 

P1020313    
(湯の台から文殊も切れたような..)    
金姥になぜかけん玉に没頭する人がいて,    
深入りすることなく,そそくさと下る.    
P1020345    
(雪面にこんなのがいました.. )
P1020377    
(金姥を下るスキーヤー)    
昼食後,久々に柴灯森に..雪を詰めて,    
20180521_131405    
あとは尾根沿いのザラメ斜面を下る.    
20180521_134420    
(もうそろそろ終わりそう)    
沢沿いの斜面も縦溝が浅くなっており,気持ちよく下る.    
最後のトラバースはブナの油で全く滑らなくなり,    
20180521_140948    
ペタペタと歩いてPに戻る.14:00.    
P1020338    
(今日は昨日の反省から太鱗板でした.)    
タイムアップのため,月山~川崎まで高速を飛ばし,    
16:00仙台帰還. 残りは2回です.    

| | コメント (0)

2018.5.20 祓川

6:00仙台発.悩んだ挙句,北に進路をとる.
20180520_061725   
予想以上に天候の回復が早くて船形連峰もくっきり.   
そして鳥海山.   
20180520_085207   
祓川P着.9:10.上の駐車場は満車だった.   
今年も始まる祓川の登り.   
P1020274   
藪越えはせずに素直に七ツ釜小屋に.   
P1020280   
上を見上げると..   
20180520_113029   
なんだかすごい人の群れ..ボウルは新雪で..   
20180520_121411   
耐えきれず一本滑り,昼食に.   
このあたりから風が強くなりはじめ,   
雪もフィルム→がびがび感が..何とかトラバースを   
つめて緩斜面にたどり着き,フィルムクラストを一本滑る.   
20180520_140928   
あとは戻りになるが,風の強い斜面は雪が固くなり,   
気持ちよくとはいかない.   
20180520_143937   
(鳥海山を見上げる)   
その上,数台のスノーモービルが規制区域ぎりぎりの   
2000m付近まで登ってきていて,トラック跡で   
途中の斜面は荒れ放題.(自粛ラインはどうなった...)   
それでも下部は気持ちよく下れてあっという間に出口に.   
20180520_145954   
荒れ放題の小屋下斜面に苦労しつつ,祓川P着.15:50.   
今季初のタケノコを仕入れて,帰路につく.   
20180520_184256   
夕暮れの泉ヶ岳.18:50仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2018/05/13

2018.5.13 金姥

午後から雨予報なので,近場(?)の月山に.
リフトに乗り,そのまま金姥直行コースで金姥に.
P1020241
(月山を望む)
P1020242
(姥ヶ岳の向こうに朝日連峰)
P1020234
(そしてうっすらと見える鳥海山をズーム)
P1020251
(姥ヶ岳の斜面を下るテレマーカ)
P1020266
金姥や柴灯森を下ってみたものの,陽も差さないので,
いまいちだった.良かったのは最後の緩斜面地帯.
雪庇下の急斜面を今日は無難にトラバースして,
20180513_113903
Pに戻る.11:40.まるきやで肉そばの後,仙台に戻る.
残りは3回です.

| | コメント (0)

2018.5.12 御浜

9:40 駐車帯発.藪になりつつある灌木地帯を抜けて
いつものルートに乗る.
P1020134
風のある方を求めて尾根に乗り,そのまま笙が岳方面に.
P1020139
本峰が姿を現す.
P1020144
笙が岳の東斜面はかなり賑わっていたが,
P1020163
北斜面には手付かずの新雪も..
P1020155
おいしく食べる.これを見越して今日は太めの板で..
P1020175
あとはぐずぐずの鳥海湖の斜面を下ってみた後,
P1020174
御浜に登り返して風のないところを探して昼食.
P1020181
あとは御浜の斜面を下ったり,
P1020187 
登ったりしながら高度を下げて,P1020194
駐車帯に戻る.14:15Pに戻る.17:40仙台着.本日終了.

| | コメント (0)

2018/05/06

2018.5.6 猿倉口

連休もいよいよ最終日.というわけで鳥海山に向かう.   
20180506_073830   
下界から眺める鳥海山に絶好の天気と思われたが...   
猿倉Pに着くと暴風.あまりの風の強さに躊躇するが,   
とりあえず出発8:30.   
20180506_090300   
烈風すさまじく(これまでで最強かも..)   
地表を舞うザラメに打たれながら高度を上げるが..   
P1020015   
(スノーモービル軍団.風が強すぎて音も聞こえない)   
P1020019   
1800mを超えたあたりで雲も湧いてきたので下降開始.   
P1020027   
砂を被った新雪で滑りはいまいちだが,   
それでもターンを刻みながら下れた.   
P1020035   
あとは風に押されるがまま,惰性で下り,   
12:50 猿倉Pに戻る.お花園湿原Pで昼食の後,   
17:00仙台に戻る.本日終了.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧